<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本に光を!

こんなにブログをほったらかしにしていたなんて、気づかないくらい・・・
何をやっていたんだろう? 

FBでちまちまと日常をアップしていたら、こうやって腰を据えて(?)文章を書く時間をとる必要を感じなかった、というのもあるし、
実際、いろいろなことが起こって忙しかった、ということもある。


そして今、日本の選挙が盛り上がっている!私の周辺では!

そう、山本太郎くんと三宅洋平くんの二人。

こんな風に、若者たちが、選挙というものは実際自分たちにかかわるものなんだと感じられたことが、いまだかつてあっただろうか?

正直、勝敗という結果に関しては、全くわからない。

もちろん、当選してほしいし、当選したら、これはほんとに、すごいことだと思う。

だけど、不正選挙のシステム、ムサシはあなどれないし、
相手だって本気だ。
彼らにはそれなりのノウハウがあるし、そこを打破するだけの力が、今この時点であるかというと・・・
厳しい。

それでも彼らが当選したとしたら、これは日本における革命といってもいいくらい、すごいこと。


ただ、選挙の結果はさておいたとしても、こういった若い世代で、自分たちの言葉で、真っ当なことを語れる人物が現れたということだけでも、すばらしいこと。

待っていたんだよ!みんなきっと。

当たり前のことを、当たり前に、語ってくれる人を。

政治はまつりごと。

難しいことじゃない、自分の意見を世の中の仕組みに反映させてもらうために、話し合うこと。

彼らは、私たちの代わりに、手を挙げてくれた。

「ねぇ、こういう意見も聞いてくださいよ。」
「これって、こういう方法もあるんじゃないんですか?」

だから、言いたいことが沢山あったのに、手を挙げる自信がなかった人、きっかけがなかった人たちは、彼らに感謝し、応援したいと思うんだ。

彼らの後に続く若い人たちが、どんどん現れてくるといいなと思う。

日本は、変化のターニングポイントにあるんだと、ひしひしと感じる。

うつらうつらと眠りかけていた日本に、ガツンと、刺激を与えてくれた彼らに感謝。
正直、私もほとんどあきらめかけてたから・・・

政治は、どうにもならないでしょ?
自分でできることをやる以外にはないんでしょ?って。



ちなみに、沖縄にいた時、三宅くんも同じエリアに住んでいたので、イベントやらなにやらでみかけることもあったし、友人知人のほとんどは彼と面識があった。

当時彼のことはミュージシャンだということ以外ほとんど何もしらなかったけれど、見かけと違い、
(失礼!)正直で、人に対しても、物事に対しても、垣根のない人だな、というところに関心したことがある。

私にとっての沖縄最後のイベントで彼を見たとき、この人は何かやろうとしているのかな、と、ふと感じたのが気になっていたのだけれど、まさか選挙とは思いもよらなかった。

でも、彼はいままでの選挙を、斬新に変えて見せてくれた。

面白い!

でもそうなんだ、ほんとは、そういうものだったんだ。

私たちは、本当に「まつりごと」を、自分たちの手に取り戻すことができるかもしれない。
[PR]
by kamakuraecolife | 2013-07-19 07:20 | 政治・・・?