<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

沖縄の大晦日

去年の大晦日、まさか翌年は沖縄で年を越すことになるなんて、夢にも思っていませんでした。

3月の震災から、ほんとうに、いろんな出来事があり、そのすべてのことが重なり繋がり、その流れが今私をこうして沖縄に運んできたのですが。

今年の一年の世界の動きをみても、これから、ますます世の中は、混乱の多い時代へと進んでいくんだろうな、ということを感じずにはいられません。

良くも悪くも、これまでの価値観が通用しない世の中で、自分はどう生きていくのか。

もう、誰かに責任転嫁をしたり、なにか既存のものに頼る生き方ではこの時代は乗り越えていけないということを、きっと多くの人が感じた一年だったのではないでしょうか。


沖縄に来て2週間。

ここには、沢山の移住者の人たちがいて、そんな人たちとこの短期間の間に会い、交流してきました。

みんな、それぞれの決断でこの地へ来たわけですが、様々な家庭の事情や、難しい状況を乗り越え、たくましく生活しています。

次の時代を見据えながら。

次の世代の未来を思い描きながら。


私がそれまで所属してきた生活圏の価値観とは、大きく違っていることも沢山あります。

だけど、人が人として、地球やその自然や、そして子どもたちの未来に負担をかけず生きるという選択肢をとった結果が、こんな形として現れてくるという一例を、今自分が実感しながら生活していると、この地球の未来や、日本の未来が、どんな風になっていくのかという予想図がリアルにみえてくる気がします。

もしかしたら、それは厳しい現実との対岐になるかもしれません。

こんな風に安穏にすごせる時間は、そんなに長くないのかもしれません。


だけど、それを悲観的な未来とみなすのではなく、そこを乗り越え新しい世の中の仕組みや、価値観を構築していこうとする先駆的な取り組みを、もうすでに始めている世界中の沢山のひとたちと繋がりながら、もっと多くの人を巻き込んで、ほんとうにみんなが「幸せ」を沢山感じられる世の中を、作っていけたらいいなと、心から思うのです。

「幸せ」の基準はひとそれぞれだし、一つの形にはめられることではないけれど、、、

だからこそ、「村」単位というか、ローカリゼーションへの移行で、価値観の近い人たちがコミュニティを各地でつくっていくという今の動き、とても面白いな、と思います。


自分たちの生活を、自分たちで責任をもつということ。

子どもたちの未来を、親たちが責任を持って守るということ。

地球にこれ以上、負担をかけないということ。


私もまだまだ、これからのことが山ほどありますが、今、こうして、念願でもあった

「寒さからの解放」

をしみじみと満喫しながら、

この沖縄の地で、新たな年明けとともにスタートをきりたいと思います。


もっと、世界中でたくさんの笑顔がうまれ、みんなが生きている、生かされている喜びを日々感じられる一年となりますように。

2011年、ご縁のあった沢山の皆さん、ありがとうございました。

2012年、また、学びの一瞬一瞬をともに歩いて行きましょう。
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-12-31 23:20 | 日々・・・

沖縄で「くるくる」開催!

鎌倉で毎月開催していた不用品物々交換市、

「くるくる」

を、ここ沖縄でも!と思い立ち、さっそく年明け早々に開催することに。


民商店にて、2012年1月3日(火) 11時より。



「くるくる」前には、新年の初ヨガ(?)クラスも開催。

10時~11時。

ベビー連れのママも参加できます。


1月は他にもイベントいろいろ目白押し。

沖縄の新年のスタートは早い!?
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-12-30 14:55 | イベント/W.S

「沖縄ヒーリングフーズ」始動!

f0204458_105383.jpg

f0204458_105389.jpg

f0204458_105361.jpg

f0204458_105397.jpg

f0204458_105352.jpg

沖縄で急遽、ケータリング活動スタートしました。

民さんとのチーム結成!その名も

「沖縄ヒーリングフーズ」


本日第1回目ケータリングは、「てぃだのわ」ミーティング。


「てぃだのわ」は「5年後10年後子供達が健やかに育つ会」が母体の沖縄支部です。


私も鎌倉支部の活動に参加していましたが、こちら沖縄での活動については来るまで知りませんでした。

「てぃだのわ」では3月11日に沖縄でイベントを企画していて、その打ち合わせでメンバーの皆さん、かなり頻繁に集まっている様子です。

ほとんどが子供連れのファミリーなので、ミーティングはいつも賑やか。

そしてなぜかほとんど子供が女子という…

15、6人いるキッズのうち、男子はわずか3、4人…

将来、大丈夫だろうか…
もしや争奪戦?



0歳から中学生の子供達が笑ったり泣いたり走り回ったり…賑やかな喧騒の中、親達は真剣に、そして時には遊び心も盛り込みながら、数時間にわたるミーティングを進めて行きます…


そしてファミリーミーティングにはやはり、食べ物重要!

毎回、誰かしらが食事担当を受け持っていて、(メンバーにはプロが多いのでそれは嬉しい特典!)今回は私たちが急遽チームを組み、名乗りをあげてみました。


メニューは

沖縄地元野菜とクスクス、白いんげん豆のオリエンタルサラダ。

沖縄特産のおいもを2種類、ボイルドポテト

オーガニックパスタのガーリックソース

エスニック団子汁

ナッツとチョコのケーキブラックカランツソース添え


キッズには他に

アルファベットパスタ

白玉団子きな粉合え


このきな粉白玉が子供達にも大人にも大ウケ。
タピオカ粉混ぜたので、プリプリ感が増したのと、沖縄の黒糖が。
お皿もスプーンもみんながペロペロ舐めて綺麗サッパリ無くなりました…

パスタもさっぱりながらもしっかりガーリックが効いていて、大人メニューのはずが、子どもたちも食べたらとまらなくなってしまったようで、、、

それでも、団子やおいも、おかわり分など、子どものおなかを満たす要素も忘れずにメニューを組んだので、
「足りない~」という声を聞かずに済み、一安心。


ベースはマクロビオティックとリビングフードですが、ちょっぴりハレの日の要素を加えてしっかり目なメニューです。


団子汁は大分の郷土料理ですが、それをエスニック風にアレンジ。

オーガニック素材もふんだんに使用しているので、素材の美味しさは保障付きです。


食べ物の献立を考えるの、楽しい〜。


二人であーでもない、こーでもない、と知恵を出し合うのも刺激的で、一人でやるのよりも格段に面白かったなぁ。


さて、「沖縄ヒーリングフーズ」、次回の出張はいつになるか!?

マクロビオティック、ウ゛ィーガン、リビングフードだけじゃなく、デトックスメニューやダイエットメニュー等など、守備範囲は広いですよ〜。
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-12-27 01:00 | 沖縄生活

沖縄クリスマスヨガ

f0204458_14162273.jpg

f0204458_14162371.jpg

f0204458_14162348.jpg

f0204458_14162311.jpg

12月24日、ポカポカ陽気の沖縄やんばる。

今日は「民商店」にて、沖縄初のヨガクラス開催F6D4.gif


地味な宣伝にもかかわらず、嬉しい事にご近所さんの参加もあり。

シニアの人向けクラスは私も以前からやってみたかったので、沖縄の地元おばあさんとか、一緒にできたらいいなぁ〜。


民商店も移転したばかりなので内装ちょこちょこいじりながら、週末営業しております。

放射能対策グッズなども充実。
デトックスに関する知識も豊富な民さんに、いろいろ質問しながらお買い物できるなんて贅沢ですね。


今後はまた各種ワークショップ開催や、魔女学校(!?)開校するかも〜?
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-12-24 14:16 | 沖縄生活

沖縄大人の休日

f0204458_23565064.jpg

本日は大人の休日。

冬至という重要な節目の日。

というわけで企画した、沖縄北部の聖地、「大石林山」へスピリチュアルピクニック(笑)

…のはずがあいにくの雨。

なのでシャーマン夫妻宅にてスピリチュアルワークショップ(笑)

そう、今日は私たち、何がなんでもスピリチュアルと絡めなくてはいけない日なので…


ワークも実に有意義な時間となり、一段落した所でちょうど、暴風の空に太陽が。


ちゃんと物事には順序があるのですね。

というわけで、いざ、「大石林山」へ。



前回沖縄に来た時にここを薦められ、

珍しいもの3連続!というサインをもらって、やっぱり、沖縄に来るべきって事?などとモヤモヤ考えていたのですが、

あれから数ヶ月…

ホントに戻って来ちゃいました。

サインに導かれちゃったかな、なんて。


大人5人、ウキウキしながら太古の陸地、自然の面影が残る山中を散策しました。

重要な場所ではきちんとワークも忘れずに…

前回来た時、この場所のエネルギーに元気をもらい、スキップしたくなるような気分で歩いたのが忘れられなかったのと、
道中での出来事が印象深くて…

展望台近くに差し掛かった時、突然頭上の木にバサバサと鳥が飛んできて、ホ−ホ−鳴くのでよくみると、鳩…
なのに緑色!?

下山して管理人の人に聞いてみたら、
「昔はね、いたらしいんですが最近はめったに見かけないですよ。珍しいものを見ましたね〜」と。

さらに「珍しいものと言えばほら、最近ここで捕まえたトカゲ、シッポが二股なんですよ〜」と。


そしてその後、近くの辺土岬に立ち寄り、展望台から眼下に広がる海を見下ろしたその時、
海亀が…

数回頭を水上に出し、ゆっくりと水面下に消えて行ったのでした…

この三連チャン、何かのサインに違いないわ…と、その時はその「何か」が漠然としてわからないままだったのですが…


再びこうして、再来してみると、やっぱりそうだったのかな、と思わずにはいられません。


しかも…

今日のワークの中でシャーマンYちゃんから、「精霊とか自然のエネルギーに繋がって受け取る時、それがわかるようにってお願いしてみたら?」
と言うので、何となく、自分なりにお願いをしてみたところ…


下山途中でいきなり静寂を破る「バサバサッ」という鳥の羽音、ほかのみんなが通り過ぎた後頭上を見渡すと…
緑の鳩!

わ〜、まただ!

ちゃんと出てきてくれた…?



そんなわけで、冬眠中の二股トカゲには会えなかったけれど、お願いは通じたっぽいなぁ、と、またウキウキ浮足で下界へ戻ったのでした。


太古から存在する岩にピッタリと寄り添ってみたら、自然はお母さんなんだな〜、としみじみ感じました。

私たちはそこに生かされ、たくさんのものを与えられているという事、ついつい忘れてしまいがちだけど、感謝の気持ちを心に刻みました。


風のエネルギーもすごかったな…


たまにはこんな大人の休日の過ごし方、贅沢だな〜、と、すべてに感謝。


まだまだ、たくさんの迷いや思いを捨てられずにいるけれど、自然の中にいると、確実に何かに助けられている事を感じさせられます。

今日の区切りの日に、自分はまた何かを手放せたかなぁ…
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-12-22 23:56 | スピリチュある?

扉の先に道はつづく。

外はしとしとと雨が降っている。

空のダンボールをひっくり返して机がわりにして、パソコンの前に座っている。

ガラス戸一枚で外と隔てられただけの空間は、裸足でもすごせるあたたかさ。

鎌倉の家はストーブなしではいられないくらい、寒かったのに。

ここは、沖縄なんだ。


今、お友達家族と、ひとつ屋根の下で生活している。

いろんな偶然のつながりで、言ってみれば知り合ったばかりの人たちと、こうして家族のように共同生活を始めることになったのだけれど、ほんとうに、神様はきちんと行くべきところに落ち着けるように、いろんな準備をしてくれていたんだな、と、関心する。


もとをたどれば10年以上前、長崎にいたころの縁からこうしてつながったのだけれど、まさか、こんなセッティングがされていようとは。


自分が、漠然と「こんな風にできるといいな」と思っていたことが、今、こうして現実となっていることの不思議。

最低限の荷物と、共有の空間の中で生活することが自分にできるなんて、これもまた驚きのひとつなのだけれど、なんだろう、このいごこちの良さと、満足感は。


このまま、どんどんと無駄なものを捨てて、シンプルに、流れにさからわず生きていけるといいんだけどな。

まだまだ捨てられない欲もいろいろとあるけど(笑)



このところ自分のテーマだったこと、


「もの」や「ひと」をジャッジせず、受け入れ、手放す。

とどこおらずに、流して、流れていく。


ここにいると、自分がちょっぴりだけど、理解できたと思っているヨガの学びが、生活にぴったりと同調していると感じる。


人生の学びは永遠に終わらないけれど、また、新しい扉が目の前で開いた気がする。



晴れた日のお日様の光は何よりありがたいけれど、緑を潤す雨もなくてはならないもの。


すべて必要なものは必要なだけあるのだということを、人が忘れなければ、世の中はもっと平和であったはずなのに。

それを、みんなが思い出して、これからの世の中をつくっていけるよう、わたしも、少しずつ、学びを重ね、理解を深めていけたらいいなと思います。


与えられたすべてのことに感謝しますと、迷いなく言えるように。
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-12-22 00:39 | 日々・・・

子どもの学校

f0204458_21172945.jpg

f0204458_21172916.jpg

f0204458_21172975.jpg

f0204458_21172997.jpg

f0204458_21172948.jpg

沖縄に来た翌日に、牧場の学校へ行きました。

前回来た時に見学は済ませていましたが、今回は入学?のつもりでの参加。


今帰仁からは車で30分位かかるので、近所のママ達は交替で送り迎えを担当しています。

車のないペーパードライバーの私…
心苦しいですが、しばらくは便乗させていただく事に。


今日はスペシャルプログラムで親子の草木染めワークショップがあり、初日から私と離れられないだろうな〜、という雰囲気の娘には、ちょうど良いタイミングでした。

まずはちびっこチームに加わり、ポニーのお部屋のお掃除。

2才前の小さな子供も、上手にほうきとチリトリでポニーの「うんち」を拾い、一輪車に集めます。

大きな子供達は馬の手入れ、そして乗馬。

牧場のオーナーの娘さんはさすが、6才にして一人前に馬を乗りこなしています。

…いいなぁ…

化石燃料に頼らずに生活するなら、昔のように馬を移動手段に…

いずれは私も。

娘の後ろに乗せてもらうのと、どちらが早く実現するだろう…?


そして子供達と染めの準備も始めます。


月桃の葉ともう1種類の植物を細かくし、煮出し、染めの行程を2度繰り返すと、淡い綺麗な色に染まりました。


自然の植物が、こんなに綺麗な色をその内側に蓄えていた事に驚かされます。


煮出す時間の間に、子供達はトランポリンやかけっこなど、一時も休む事なく大はしゃぎ。


最初は少し緊張していた娘も、すぐにみんなの輪に入り、歓声をあげながら飛びまわっていて一安心。


二度目の参加の日は、ヤギのお散歩に気をとられている間にこっそり…

ちょっぴり泣いちゃったみたいだけど、同居しているお友達二人も一緒だし、何より目新しい遊びについつい夢中になり、私がいない事を気にかける暇も無かっただろうな〜と。
これまでインドア生活がメインだった娘も、牧場でたくましく鍛えられる事でしょう。

きっと、これからの子供達には、こんな風に身体を使い、自然の植物や動物と関わっていく術を学ぶ事が必要不可欠になるんじゃないかと…

サバイバルとまではいかなくとも、自然との共生は頭じゃなく、体験で理解していけるような学びの場は重要だなと感じます。


今年のプログラムは残念ながら2回目で終了でしたが、来年の新学期は、もう少し馬にもなれてくれるかな…?
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-12-21 21:17 | こどもの教育のこと

沖縄サンクチュアリ

沖縄に上陸して4日目。

初日からこどもの牧場学校見学、翌日は「てぃだのわ」のミーティング、そして今日は沖縄の聖地ともいうべき、すばらしい気に満ちたヒーラーのお宅へお邪魔してワークをしてもらい、心身ともに癒され。。。

パソコンの前に座る時間もなく、みっちりとした沖縄時間をすごしています。

おいおい、ゆっくりと、沖縄情報をお知らせできればいいなと。

今は、目に映る沖縄の美しい風景と、空気と、子どもたちのにぎやかな声に囲まれながら、日々の変化を楽しみたいと思います。



沖縄でのワークショップやイベントはこちらからも。

民商店

http://tamie-shouten.conconbe-house.com/about.html
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-12-19 20:26 | 日々・・・

皆既月食

f0204458_22282769.jpg

月食中…
丸い月がどんどん食べられていく…


今日、10数年ぶりに再会した人が、「今夜は皆既月食だよ」と教えてくれました。


生憎空は雲に覆われて、欠けた月が時々雲間から顔をのぞかせるだけ。

諦めきれず、完全な月食が終わる5分ほど前にもう一度家の前に出てみると、ちょうどその時、雲の切れ間から月が!

オレンジ色の月が綺麗に見えました。

そして、流れ星も。。。


皆既月食はヒーリングのエネルギーを送ってくれるそうです。

そして、世の中が変るターニングポイント、またはスタートの合図、、、?



この再会がなければうっかり知らずに過ごしてしまった皆既月食。

ちょうど、ふさわしいタイミングで現れるべき人が、メッセージを携えてきてくれるんだな、ということを再確認しました。


来週、沖縄に出発します。

そこで何か新しい事が始まる予感がします。


出会いに感謝。
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-12-10 22:28 | 日々・・・