<   2011年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

道の途中。

全くブログの更新をしないまま、1ヶ月以上過ぎていることに気がつきました。

毎日がいろんな出来事の連続で、立ち止まる時間がなかったような。


先月は熊本に行き、鎌倉、逗子、葉山から移住していった人たちの住む南阿蘇を訪ね、久しぶりに、今まで鎌倉の道ばたで会っていた懐かしい顔に、阿蘇の緑の空気の中で再会し、、、

その後阿蘇山の反対側にある、以前から行ってみたかったTAO塾で波多野さんに会い、(そして昨日また鎌倉で再開し。)

「熊本いいな〜、(寒くなかったら)住みたいな。」なんて妄想を膨らませたり、

その前は沖縄に行き、そこでも関東エリアから移住していった人たちの住むやんばるを訪ね、そこでの暮らしをのぞかせてもらい、

「住むならあったかいところがいいな〜、やっぱり南の島に。」と思ってみたり。。。


あいかわらずミーティングや、地元の長谷の市に出店してみたり、鎌人いち場に出店してみたり、ヨガのワークショップやったり、講演会に参加したりしているうちに、あっという間に10月も明日で終わり。

今年もあと2ヶ月。

ぎゅうぅぅっと、色んな事が凝縮して、加速して、でも何故か静かな。


そしてまた、大好きな友達が一人、二人、この場所を去っていきます。

そしてまた、新しく素敵な人たちとの出会いが、重なっていきます。

どこかに繋がっていく予感と、それぞれがそれぞれの生き方を、心の中の深い場所で感じながら、物理的に動いていく、そんな時間の流れのなかに、私もいるんだな、ということを日々感じています。


「自分が本当にやりたいことは何なのか。」

「本当の自分は何を求めているのか。」


今、この時に、そのことに対して真摯な姿勢で答えをみつけようとしている人たちには、きっと大きな気づきがあるでしょう。

きっと、みんなどこかでその気配を感じているはずなのに、まだ、耳を塞ごうとしている。

ねぇ、そろそろ目を覚まそうよ、と、誰かが耳元でささやいている声に、耳を傾けてみるには、世の中は騒がしすぎるのかな。。。


私もざわめきの中で時々溺れそうになりながらも、なんとか小さな藁をつかんで流れにのまれないように過ごしているだけなのかもしれませんが。

でも、そんな中でも、時々岸辺で休息しているうち、「生きる事」の謎が、また少しだけ、解けて来た気がします。


「私はあなた、あなたは私」なんてよく言うけれど、そんな単純なわけない!なんて思っていたけれど、

今はよくわかる。
(認めたくない、と、抵抗したくて頑張ってる部分がまだどこかに残ってはいるけれど)


「困難に出会ったときがチャンス」なんて、どこかの啓発本なんかでよく目にしてて、自分はそんなに頭がやわらかくないよ!なんて思っていたけれど、

今はよくわかる。


神様は(神さまって、宗教とか、そういう意味での神さまではないんだけれど。)
ものすごい、ポイントをついてその人にぴったりの贈り物をくれる、ということ。

これはすごい、本当に。

絶対に、逃げ道のない、崖っぷちに立たされたとき、人は諦めて目を閉じるか、
さもなくば、どうするのか?


答えは、自分でつかみとるしかないということ。

でも、実は自分以外のすべての人が、助けてくれているということ。



世の中は、奇跡と、単純さと、美しさで溢れている。



目を閉じずに、まだ、歩き続ける時間が残されている限り、この道を歩いていこうと思います。

すべての人が、美しさと、幸せを感じる為に生きているということを、疑う事ができないから。
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-10-30 23:29 | 日々・・・