<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

鎌倉のチャヤマクロビオティックが・・・

私が鎌倉に引っ越してきた6年前と今を比較してなにが一番違うかというと、

お洒落なカフェが増えた!

ということです。


もちろん他にも

「やっと鎌倉駅にエレベーターができた・・・」
とか、
「マンションが増えてベビーカーを押してる女性の姿を見かけることが増えた」

なんていうのもありますが。。。


私は何が好きかというと、「カフェでお茶すること」!!!

都内にいた頃は、休みとなれば必ずどこかのカフェに立ち寄り、ぼぉっと座っているのが休日の一番のメインイベントでした。

よく、ホストクラブのお客の大半はホステス・・・なんて聞きますが、
私の状態も似たようなもの?

接客仕事をしている者にとって、「接客してもらう」というのは、それはそれは贅沢なことの一つです。

ただ、時々店員目線になって
「あの若い子、あのトレーの持ち方はいかんだろう・・・」とか、
「あ、あのお客さん手を挙げてるのにだれも気づいてない!」とか、
そんなことが気になって「ぼけっ」とするのもままならないような状態になったりもするのですが。

気に入ったカフェを見つけては、定期的に通い・・・
時にはお店の人と仲良くなったりもするけれど、
「あ、あの人また来た」と気づきつつも、いつも距離感をもって接してくれるお店も好きでした。

でも、時は流れてお気に入りだったお店も次々と消えていきました。


原宿のオーバカナル・・・

テラス席も大好きだったけど、店内の薄暗い端っこの席なんかも、「うわ~、この感じ、ホントにパリのカフェの雰囲気だ~」と、感激したこともありました。
陽気なギャルソンのお兄さんたち、楽しかったな。
普段コーヒーは飲まないんだけれど、あそこに行くとつい「カフェオレ」頼みたくなる(笑)

赤坂店も職場に近く、パンを頼んだりしてよく行きました。
ちょっと様子は違うけど、ビルに外資系のオフィスがあるので外国人のお客さんがいっぱいで、こっちのほうがホントに外国っぽかったかも。


神宮前のユナイテッドアローズのビルの上にあったUAカフェ。

あそこから見える原宿の街並みの景色はなんだか切なくて、好きでした。
夕暮れ時はたまらなく美しかった。
店員のお姉さんも綺麗だった・・・


南青山のデプレカフェ。

もしかしたら、近かったこともあり一番通ったお店かも!?
小さなテラス席だけだったけど、あのテラスに座るとすごく気分がいいのです・・・
真横にちょうど木の枝が茂っている場所が定位置。
やっぱり夕方にさしかかる時間帯の空気が素敵でした。
一度娘を連れて行ったときはなんだか感慨深かったなぁ。
この場所に子連れでくることになるとは・・・と。

今はお店の名前、変わってしまっていました。


下北沢の・・・名前忘れちゃったけど・・・

下北時代、家にも近く仕事の後に頻繁に足を運びました。
深夜まで営業していたので、いかにも下北っぽい若い子たちがたくさんで、活気のあるお店でした。
たしか・・・
今は超有名ミュージシャンとなった某バンドのメンバーの子たちが、アルバイトで働いていたことも。
店長に「頑張ってるんだよ~よろしくね」なんて紹介されたけど、まさかあんなにブレイクするとは。
しかもこの店長が・・・
私の周囲ではやたらモテてた(笑)
今や某有名和菓子店の婿となり、そのお店のカフェのプロデュースをしてるとか?

カフェに歴史あり、人に歴史あり、です。


結婚して鎌倉に引っ越して、子供が出来て・・・
ひとりのんびりお茶なんて、とっても無理な日々なのですが、
それでも数年まえからポツリポツリとかわいいお店が増えてきて、行きつけのカフェも出来ました。

今のカフェ選びの基準は「子連れで行ける」というのが最大のポイントですが。


妊婦時代からずっと通っている紅茶とスコーン屋さん、

あ、お店のメニューにスコーンがある、っていうのも重要ポイント!スコーンに関しては、オーガニックとかマクロビオティックとか何の基準もありません!(笑)スコーン狂です。
あと、美味しい紅茶、ポットで出てくるお店はポイント高いです!

このお店はお姉さんたちがものすごく親切で、ここに来るとほっとします。
妊娠前後の期間、このお店があったから乗り切れたかも、なんて。
今では「いつもの・・・」というと、娘用のスコーン(こっそり半分を持ち帰りにしてくれるのです)を出してくれる間柄(笑)
おじさんが「いつものやつね」と悦に入る気持ち、わからなくないかも。

普段はミルクも飲みませんが、ここに来るとミルクティーが飲みたくなります(笑)
ブラックティーかなりグレード高いです。紅茶のプロのお姉さん・・・素敵。
前世は絶対イギリスに縁があったはず、と勝手に確信している私です。


そして、今の住まいの近所にも、ここ数年の間に新しいカフェが2件オープンしました。
古いお家を改装した、とても素敵なお店。
そしてどちらのお店も子供連れに優しい、というのは、本当にありがたいことです。

あと、マクロビオティックメニューのあるカフェレストラン。
このお店のオープンは本当に感激しました。
待っていました、こんなお店!という感じだったので、嬉しくて、もう何度も何度も通っています。
娘も2歳位から大人1人前を平らげる幼児ということで、ばっちり覚えられてしまい・・・
お姉さんたちに優しくされ、最近少々図に乗っております。。。



さて、ところが先日、私のもう一つのお気に入りカフェ、「チャヤマクロビオティック」に行った時、
スタッフのお姉さんが、

「実は今月いっぱいで・・・」

えええ~~~、そんなぁぁぁ・・・

なくなっちゃうんですって!
全部がスタバになってしまうんですって!

ショックです。

オープンしたときは、「鎌倉にもチャヤマクロが!」と大喜びして、娘も何かあればここのケーキが食べられて・・・なくてはならないお店だったのに・・・

採算が合わなかったのかしら・・・どうして・・・


タイトルの割に前置き長すぎましたが、これは本当にショックな出来事です。

閉店前にあと何回いけるかなぁ。

またチャヤマクロビオティックが鎌倉に帰ってきてくれるのを待っています!


そしてそして、鎌倉で素敵なカフェを開いてくれている人たちが、これからもずっとずっと鎌倉のお店を続けていってくれますように。

自分も飲食店の内情なんかを知らないわけじゃないので、今の時期は色々と大変なこともあるだろうな、なんて想像したりもするけれど、人が日常を忘れてふっと力を抜ける場所、友達と楽しく時間を過ごす場所、カフェは人生になくてはならないものです・・・

だから、好きなお店にはなるべく通うように・・・
私も家計のやりくりがんばります~.
[PR]
by kamakuraecolife | 2010-03-25 02:28 | マクロビオティック