<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ガリバーの国?

昨日、オランダの親戚とスカイプでお話しました。

昔は「テレビ電話」なんて言っていたけれど、今じゃパソコンで海外の人ともお話できる世の中。

私の学生時代は携帯すらない時代ですから・・・
アタッシュケースみたいな携帯電話もってる人とかいましたよね。(若い人は見た事ないだろうな・・・)

近い将来はほんとに、テレパシーみたいな原理で「いつでもどこでもだれとでも」通信できる時代が来るんじゃないかしら、なんて。


さて、オランダの親戚は主人の妹家族です。

二人の子供がいるのですが、久しぶりに「会って」、その成長ぶりにびっくり。
ティーンネイジャーだからなおさらなんだろうけど、すっかりお兄さんお姉さん。

そして何よりも・・・その驚異的な身長の伸び!

13歳の妹は最初に会った時はまだ8歳かな?当たり前だけど私より小さかった・・・
そして2度目、10歳の時はギリギリ・・・そして1年前、すでに追い越され・・・
なんと、今は178cm!

15歳のお兄ちゃんなんて、14歳の時にもう185cmでした。
今回は聞きそびれたけど、多分すでに190超えてるよね、きっと。

もう一人の女の子のいとこも、14歳で185cm超でしたから。
どうみても高校1年生じゃなくって、(実際は中学3年生の年齢)20代の女性。
パパと歩いていると、恋人同士と間違えられるって。14歳で・・・

(私なんか一緒に歩いてると、絶対おこちゃま?ってみられていただろうなぁ。
東洋人は若くみられるけれど、私は格好も子供っぽいから余計に。

ほんと、ヨーロッパに行くと、「あ~、こんな格好するんじゃなかった~」っと、後悔すること多々。
あちらでは「大人」に見られることがある種ステイタス。

前回、ようやくパリで「マダム」と呼ばれ、「よっしゃ!」とガッツポーズした私です。
長らく「マドモアゼル」から抜け出せなかったので・・・
あ、でも子供連れていたからかなぁ~。。。)

でも、この子供たちの身長、これはオランダではごくごく平均的サイズなのです。

オランダの成人女性の平均身長たしか185cmとか?男性は190cm以上。

192㎝の主人も、日本にいると頭ひとつ出ている感じがするけれど、オランダ本国に帰れば周囲にすっかりなじんじゃって、どこにいるのかもわかりゃしません・・・
(ちなみに娘、細身の茶髪の外国人みると、「パパ!」・・・外国人はみんな一緒に見えるのかなぁ・・・)

180cmの小学生用子供服売ってますから。

とにかく、他のヨーロッパの国からオランダに入ったとたん、「あれ?」と妙な感覚になるのはこれが原因。

なんだかスケールが違うのです。

笑い話で、オランダの公衆トイレで日本人男性が用をたそうとすると、届かない・・・とか、
実際、私の母も洗面所の鏡に自分の顔が映らなかった、と言っていました。

これはミステリーです。

オランダの人に聞いても、なぜこんなに自分たちの身長が伸びたのかわからないと。
隣国ベルギーなんかはそうでもないし、ドイツだってオランダほどは。

以前「乳牛食牛のホルモン疑惑」なんぞも耳にしたことはありますが、これはあながち嘘っぱちではないかも・・・?

何はともあれ、久しぶりに親戚の元気な顔をみることができ、娘もカタコト(フタコトミコト?)オランダ語と英語でコミュニケーションとれていたので、遠く離れてはいるけれど、血の繋がった家族があちらにいることをしっかり認識してくれたことでしょう。

いつでも気軽に里帰り、というわけにはいかないところは寂しいけれど、こうしてリアルタイムで動画で会話できるなんて、すごい世の中になったものです。

自分がおばあちゃんになったころは、きっと今は思いもつかないようなことが普通になっているんだろうな・・・

長生きしてみたいかも。

その頃は娘もオランダサイズになっているのでしょうか・・・(いや、食べてるもの違うから、それはないでしょう・・・)
[PR]
by kamakuraecolife | 2010-01-19 23:13 | 日々・・・

育児雑誌といえば

子供ができてから変わったこと、といえば・・・
「選ぶ雑誌がかわった」というのは大きな変化の一つかも。

この頃は「ナチュラル系」?というのでしょうか、ほんわかゆる~っとした雰囲気の雑誌がとても多くなった気がするのですが、「育児雑誌」のなかでこんなにかわいい雑誌があります。

雑誌の内容も色使いも、「やさしさ」があふれているような、暖か~な雰囲気にほっとさせられる本です。
子育てに関するお役立ち情報なども満載。

f0204458_0331986.jpg


tocotoco (トコトコ)   第一プログレス 発行   ※季刊誌です。


ちなみにこのvol.8号、私もちょっぴり誌面にお邪魔させていただいてます・・・
編集部の方々も、この本の雰囲気そのままの、あたたか~い、素敵な方々でした。
[PR]
by kamakuraecolife | 2010-01-12 00:34 | おすすめの本

2010年は・・・

明けましておめでとうございます!

ついに、2000年が10年目に!・・・というのも変な言い方ですが、2000年になったとき、「ミレニアム」なんて言っていたのはつい最近のことのようなのに・・・

そりゃあ、私も年をとるはずです。

頂いた年賀状をみると、しばらく会っていないベビー&キッズたちの成長に驚かされます。
あれ、このあいだ生まれたばっかりだったよね?と思っていたのに、すっかり一人歩きしている写真があったり・・・

かくいうわが娘も今年は5歳。

さて、5歳とは、どんなお年頃なんでしょうか。


娘は2歳半の頃から週1回、シュタイナースクールの未就園児クラスに通っているのですが、シュタイナーの考えでは「7歳までは夢の中」なんですよね。

確かに、娘の言動をみていると、まだ自分の想像の世界と、本当の世界の境目がはっきりしていなくて、その両方の世界を行ったり来たり、または両方の世界に同時に存在しているような、そんな状態にみえます。

特に一人っ子のせいもあるのか、「妄想」の世界に入り込むと、「見えないお友達」や、お人形と平気で何時間も遊び続け、傍から見ていると、「大丈夫かな~」というくらいの没頭ぶり。

特に朝は私より2時間くらい先に起きているので、その間、すごい集中力で遊びに夢中になっています。

時々、けたたましい笑い声とか、鬼ごっこ?やかくれんぼの嬌声が聞こえてきて、本当に誰かいるんじゃ?という気配で起こされたりすることも・・・

だ、大丈夫かなぁ~。

去年までは大の仲良しのお人形、「はな」とのお話がメインで、「はな」の声色をつかってぺちゃくちゃやっていたくらいだったのが、クリスマスに別のお人形が3体加わって、今は一人5役でものすごくややこしい会話を・・・
怒られてる時のセリフは、私に言われたことそのまんまだったりするんですけどね。
そうやって、発散してるんだろうな~。

自分の子供時代を思い返しても、確かに7,8歳くらいまでは、かなり妄想癖すごかったなぁ、という記憶が確かにあります。

読んでいた本の世界に自分もいるような気になって、登場人物は本当に存在する、と信じていたし・・・

子供のファンタジーの世界は無限ですね。


だからこそ、最近の子供たちの多くが「ゲーム」の世界に没頭していることが、やっぱり気になる・・・

もちろん、ゲームすべてが悪いとは言わないけれど、「戦争」とか「人を撃つ、殺す」とか、そんなことを「ゲーム」の世界で体験していると、きっとそれは現実の世界で起こっていることという錯覚が頭のどこかに植えつけられてしまう、ということは否定できないんじゃないかと。

我が家ではテレビもほとんどつけることがないので、娘の場合、「ぽにょ」のビデオすら、最初の10分くらいで「怖い・・・」とおびえて終わり。
あれですら、子供には刺激が強いのです。

たまにテレビを見ていても、あのCMの映像のどぎつさとか、ちょこちょことCMで内容が途切れちゃうこととか、子供のうちからああいうものに慣れていると、何か集中する、ってことが難しくなるんじゃないかなぁ、なんて思ったり。


まぁ、うちのようなちょっと変わった?家庭に生まれてしまった娘、これから成長するにつれ、色んな壁に親子してぶつかることもあるでしょう。

どうして自分のうちには「お肉」や「お魚」がないんだろう、という疑問もわいてき始めたようですし・・・
「英語しゃべってみて」と言われると、絶対にしゃべらないし・・・

子供に親の考えや都合ばかりを押し付けるのはよくないけれど、親であるだけに、その考えをきちっと伝えていかないといけないな、と。
そろそろそういう時期なのかもしれません。

いずれ、親元を離れて自分の意思で人生を歩んでいくのですから、親としても、「後は自分で決めなさい」と、きっぱり言える位の度胸がほしいところです。

今年も1年、娘とともに、(もちろんパパも~)親として人として成長できる年になりますように。


f0204458_041671.jpg
(写真) 初詣に行った「長谷神社」にて。キャンドルの明かりが幻想的で、とても美しかったです。
[PR]
by kamakuraecolife | 2010-01-12 00:07 | 日々・・・