<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

マクロビオティックワークショップ

本日ワークショップ3回コースの2回目。
テーマは「病気・アレルギー体質にならないために 子どもの体調と食の関係」

いまや日本人の3人に一人は癌、死亡原因のトップ、という統計が出ています。
いったい、いつのまにこんなことになってしまっていたのでしょう?

核家族化、なんていわれ久しい今日この頃ですが、3~4人家族の中に一人は癌、っていうことですよね。
これは、本当に他人事ではありません。

これだけ医療が発達したといわれても、どうして癌は増え続け、治癒しないまま亡くなって行く人が後をたたないのでしょうか??

そして、アレルギー。

こちらも、日本国民の3~4割がアレルギーと言われています。
私が子どもの頃にはほとんど聞かなかったアレルギー。(スギ花粉がちらほら話題になっていたくらいでした。)

それが今や・・・花粉症に始まり、アトピー、ぜんそく、食物、ハウスダスト・・・
私たちの身体にいったい何が起こっているのでしょう?

ちなみに、今日の参加者6人中、私を除いて全員がなんらかのアレルギーを持っている、とのことでした・・・

色んな要素が絡み合っておこるであろう疾病、でも、マクロビオティックに出会うまで、
「どうして人は、この(特定の)病気にかかってしまったのか」ということへの明確な、納得のいく答えを出してくれるものはありませんでした。

だから、みんなにも是非、この「病気とは」という視点からもマクロビオティックを理解して欲しかったので、2回目のテーマに選んでみました。

「食べたものが体の特定の場所に作用する」、なんて「本当?」と、私も最初は思ったものですが、「ウオノ目」とか、「通風」、顔に現れる体調なんかを例にとってお話すると、みんな「ほんとだ!」と、すごくびっくりしつつ、納得してくれたみたいでした。

それにしても、この「望診法」というのは、興味深いものです。
もともと古くからあったものですが、それをマクロビオティックの観点からまとめた久司先生の本なんかは、とにかく「面白い!」の一言につきます。

あ~、久しぶりに昔の本などじっくり読み直してみたい。。。
人でごったがえす鎌倉のゴールデンウィークは、静かにお家で読書週間としましょうか。


さて、
昨日今日と「小豆南瓜」を久しぶりに食べた私、トイレが近い近い!
ほとんど湯茶なんか採っていないのに、夜中にトイレに起きたのなんて・・・妊婦時代以来です。

腎臓のお掃除してます~。

娘も、小豆と南瓜とほんのちょっぴりのお塩で味付けただけの「小豆南瓜」、気に入ってくれたようで、「美味しい~」と満足げでした。
今夜も夜のオムツ外しトレーニングは、成功しないな~・・・
[PR]
by kamakuraecolife | 2009-04-24 00:37 | マクロビオティック

本日のオーガニックアイテム

本日のオーガニックアイテム

私 オーガニックコットンのチュニックワンピース
   オーガニックコットンのカットソー

娘 オーガニックコットンのカーディガン


このところ、「ジャーナルスタンダードluxe」だけじゃなく、「ジャーナルスタンダードfurniture」からも色んなオーガニックコットンアイテム出てます。
以前からジャーナルではちょこちょこオーガニックコットン素材のものや、オーガニックリネンのアイテムなんかも扱っていたけれど、「furniture」ラインでは、リラックスウェア系の、カジュアルなアイテムが充実。

他にもspick & span FRAMe WORK のオーガニックコットンシリーズも、かな~り好みなデザイン一杯です。

・・・こんなにチョイスが広がってくるなんて、夢のようです。
数年前には考えられなかった進歩!

今までは、なるべくオーガニックコットンを、と思ってはいても、なかなか・・・(というか、ほとんど)好みのデザインに出会えることはなかったし、扱っているものも下着とか、タオルとか、がんばってTシャツくらい。
それが今ではこんなことに。

他にも、「スズキタカユキ」なんかも素敵なんですが、今の私には着ていく場所を選びそうな感じかなぁ~。お値段もそれなりに。。。都会の女性に是非とも着こなしてもらいたい美しいお洋服たち。。。

自転車送迎に公園遊び・・・のママアイテムには、「汚れても悔やまれない」「洗濯機洗い可」のお洋服でないと、厳しいものがあります。。。

でも、色んなブランド、デザイナーさんがオーガニックファッションの分野を開拓していってくれている現状は、とても喜ばしいことです。
[PR]
by kamakuraecolife | 2009-04-20 22:10 | エコファッション

マクロビオティック育ち。。。?

昨日は「マクロビオティック入門」ワークショップの日でした。

かれこれ14,5年ほどマクロビオティック(的?)生活をしていたけれど、こんな風に「カミングアウト」するまでは長い時間がかかったものだなぁ、としみじみ。

私が初めてマクロビオティックに出会ったのは環境問題に興味を持ったのがきっかけだったのだけれど、「世界平和は家庭の食事から」みたいになことが書かれた桜沢如一先生の書物を手にしたとき、
「これだ!この人はすごいことを言っている!」とものすごく衝撃を受けたのを覚えてます。

その後、住まいが近かったこともあり、東北沢の「CI協会」のリマクッキングアカデミーにすぐさま申し込み、気が付いたらスタッフとして働いて・・・
本当はスタイリスト目指してはるばる上京してきたはずだったのに、2年もたたずして挫折・・・いえ、進路変更してしまったわけです。

それから数年はどっぷりマクロビオティック三昧の生活。
(沢山の人が同じ道筋を辿るようですが、最初はすごくストイックにやってました。肉も魚も乳製品もお砂糖も一切なし!みたいな。それはそれで多くの発見があり、興味深い経験でした。)


でも当時はまだ「マクロビオティック」なんて言っても、「?」な顔をされるばかりか、変な誤解をうけることも多く・・・かといって「ベジタリアン」だと言えば、「好き嫌いみたいなこというな!」なんて説教されたりなんかも。

ちなみに、当時お店にXジャパンのトシ?でしたっけ?がお買い物に来たところが雑誌にスクープされてたりとかしてた・・・彼が宗教団体に入っただのなんだの、とか言われてた時で、「自然食品店」のお店もそういう扱いだったんですよね~。

そんなこともあり、人前で「マクロビオティック」って言葉を出すことを、躊躇していた長い時間がありました。
お肉は食べないんです、って言わざるを得ない状況だと、「ま、アレルギーみたいなもので・・・」とか、「宗教的理由で」(もちろん冗談の通じる場合に)とか。
いまだにありますけどね。。。

でも、ここ数年では久司先生がアメリカからマクロビオティックを逆輸入みたいなかたちで広めていってくれたおかげで、「マドンナも、トムクルーズも、グゥイネスもやってます」という、わかりやすい肩書きもできたし、ちょっとお洒落なライフスタイル雑誌なんかにも取り上げられたり、多くの人がその効果を実感してもらえる機会が増えたり、やはり、久司先生の行動力とカリスマ性はすごいなぁ~と。

久司先生には昔、講演会や、桜沢先生の奥様、リマ先生が「100歳」!になられたお誕生会なんかでお会いしたけれど、なんだかすごいパワーの塊みたいな人だった・・・

発散してるものが違います。
握手をしたとき、ドキッとするくらいの力強さと瞬発力に、「男らしい!」と感動?したのを覚えてます。
(最近再婚されたとの話を聞いてびっくり!久司先生、あれ?80歳とかなってましたよね?お相手は私と同世代くらいの人のようで・・・さすがです053.gif


今までヨガのクラスに来てくれた生徒さんたちも、多くの人がマクロビオティックに興味を持ってくれていたようなので、「よし、ここで今やらなくてどうする!」と決意をきめ、ワークショップを開く運びとなったのでした。

自分自身、妊娠・出産・育児をする中で、やっぱりマクロビオティックを知っていてよかった、と思うことが一杯あったこと、若い頃、「マクロビオティックで子育てすると楽よ~」なんて言われていたことの意味が、頭ではなく実体験として少しづつ理解できるようになったことが、大きな後押しになったかな。。。

自分にできる範囲で、沢山の人、とくにこれからママになる女の人や、子育てをしているママたちに是非とも知ってほしいことを伝えていければいいな、と。


さて、おりしもそのワークショップの日、学校から帰った娘がやけにハイテンション。
お迎えにいってくれた旦那さんに聞いたところ、どうも学校で「わたあめ」を作って食べてきたらしい。

普段から白砂糖の入ったお菓子なんかは、めったに食べさせないのだけれど、
(やっぱりお付き合いやなんかがあると、全部NOというのは子どもにも私にもストレスがあることなので。その辺は臨機応変です。)
「わたあめ」かぁ~。

娘はしばらくどたどたと家の中を走り回ってました。
(がむしゃらに走る、という感じで。)
「おやつ食べたい~」といいながら・・・

「血糖値あがってるなぁ~」と横目でみながらパソコンの前に座っていたら、
あらら、いつの間にか床に寝転んだ娘が寝ている・・・

どんなに遊んでもお昼寝なんてほとんどしない娘なのですが。
ばったり倒れたように爆睡です・・・

小一時間ほどして、目をさまし、「おやつ食べたい!」


これはやはり軽い低血糖状態だったのかな?
お砂糖で急激に上がった血糖値は、すぐに急降下します。
「おやつ食べたい~」とひたすら言い続けていた娘は、多分血糖値が下がってきて、体が糖分を欲していたのでしょう。

「おやつの時間はまだだから、このクッキー一つだけね~」
と言って、小麦とレーズンだけをこねて焼いたクッキーをあげると、むしゃむしゃ食べ、そしてすっかり落ち着いたようでした。

穀物から得られる糖分は、身体に緩やかに作用するので、気持ちをざわざわ落ち着かなくするようなことがないのです・・・(昨日これ、ワークショップでしゃべってた・・・私。)


ワークショップでは、少しお砂糖のことに触れたのですが、まさかその同じ日に、娘のこんな反応を目の当たりにするとは思ってもみませんでした。

「子どもは大人より、食べたものの影響をダイレクトに受けやすいんですよね~」なんて話したばっかりだったので。

ちなみに、私は、お砂糖の入ったあま~いお菓子などいただく機会があると・・・
すぐに鼻水出てきます。。。


マクロビオティックに興味をもってくれた人たちの輪がひろがれば、「お砂糖」が心や身体にどんな作用をもたらすのか、ということを皆が理解してくれ、学校のおやつなんかがちょっとづつでも変わってくれるといいにになぁ~と妄想しつつ。

草の根運動です!


ちなみに、「マクロビオティックで子育てすると楽」というのは、うちに限っていえばこんなことが。

・妊娠中つわりもほとんどなく、いたって健康にすごすことができました。

・妊娠5ヶ月くらいまで、週に何度か東京まで電車で通って知人のお店の手伝いなどしてました。         (帰りはダッシュで終電!)
 普段も会席料理屋でバイトなど。。。

・妊娠8ヶ月まで、これまた東京まで電車で着物来て着付け教室通いました。(ギリギリセーフで卒業。着物は 妊婦さんにもいいみたいですよ。)

・体重の増加4キロのみ。

・自宅で3350グラムの女の子出産。母子ともに健康。

・娘・1歳半までほぼ母乳のみで元気に発育。

・まもなく4歳、の今まで、病院のお世話にもならず、健康にすごしてます。

あと、性格もあるかと思うのだけど、小さい頃から色んな場所に行っても、じっと座っていられるので、親としてはものすごく楽です・・・

我が家は車がないので、移動はすべて電車かバス。
都内にも頻繁に出かけていたので、歩けないうちはベビーカーで延々と移動していました。
でも、動きたがってぐずることもほとんどなかったし、ただただじっと座っていて、よく驚かれたりしてました。

もしかして我慢させてるかな~、と思うこともあるんだけど、演奏会なんかに行っても4,5時間黙って座ってたりとか。。。(途中で出る?といっても出ない、と。)苦痛というわけでは全然なさそう。

マクロビオティックの考えかたでは、赤ちゃん、子どもは、内臓に負担のかかる食事や血糖値を急激に上げたり下げたりする白砂糖を控えていれば、むやみに暴れたり叫んだりしないものだし、機嫌がいいのは内臓が健康な証拠、などということは頭では理解できていたことなんだけれども・・・

まぁ、この辺りのことについては、私も「マクロビオティック育ちだから?」という理由で片付けられるほどの実体験をしているわけではないので、これから娘と色んな経験をしながら、お互い楽しく成長していければいいな、と思います。

「楽」っていうのは、美味しいごほうびですからね058.gif
[PR]
by kamakuraecolife | 2009-04-17 12:32 | マクロビオティック

本日のオーガニックアイテム

本日のオーガニックアイテム
  オーガニックコットンのキャミソール(・・・だけ・・・026.gif

f0204458_0212232.jpg


1年ほどぶりにキッチン洗剤とお掃除用洗剤買いました。

前回と同じく、ドイツのFrosch、リピートです。
環境にもやさしく、何よりデザインがカワイイ!
買ったお店も北欧雑貨なんぞおいてある、お洒落な雑貨屋さん。

お皿洗いは、余り油を使わないということもあり、お湯とスポンジだけですませることが多い我が家。
洗剤の出番はなかったのだけれど・・・
娘の学校でお弁当が必要となり、お弁当箱の洗浄にはやはり洗剤必要、ということで。

ついでに、お酢と重曹のお掃除も時には気分転換?ということにして、お掃除用洗剤も買ってみました。
オレンジの香りですっきり。
かなり薄めて使うものなので、これも1年・・・以上はもちそうです。

お店のヒトにとっては、あんまりありがたくないお客ですけどね~。
[PR]
by kamakuraecolife | 2009-04-15 00:36 | エコプロダクト

本日のオーガニックアイテム

本日のオーガニックアイテム
私  オーガニックコットンのキャミソール
    セカンドハンドシャツ(フリマで購入)

娘  セカンドハンドのプチバトーのシャツとスパッツ(オランダの友人から。年季が入ってもまだまだいける!さすがプチバトー!)

f0204458_16324649.jpg


お気に入りのJ.S.luxeオーガニックコットンシリーズ。
去年からこのシリーズものばかりヘビロテしてます。
こちらは胸元のレースが乙女・・・(って、そんなの着てる歳でもないのですが)

スカーフはインドのカディ。
インド人の知人から直接購入しました。
マハトマガンディーの志をついでつくられた、手紡ぎのスカーフです。
[PR]
by kamakuraecolife | 2009-04-13 16:42 | エコファッション

UGGの真実・・・?

昨日、旦那さんが1週間のオーストラリア出張から戻ってきました。

出発前に「お土産なにがいい?」と聞かれ、
「オーストラリア・・・・コアラ?カンガルー?・・・」くらいしかピンとこなく。

そうだ!オーストラリアといえば、UGGでしょ!というわけで、
「じゃあ、UGG安かったら娘のブーツでも探してきて~」などと気軽に頼んだのでした。

でも、後になってよくよく考えてみると、「シープスキン」・・・
これって、当たり前だけど、「ファー」じゃなく、「スキン」でしょ。
・・・死んでるよね・・・羊ちゃん・・・032.gif

ずっと昔に、ファッションアイテムには欠かせない?「ハラコ」の真実を知ってから、「もう二度とハラコは買うまい・・・」と思ったのだけれど、じゃぁ、皮靴とかって・・・?と色々考え、「フェイクファー」やら「フェイクスエード」なるものをトライしてみたのだけれど・・・

長持ちしないんですよね、靴は。
これじゃ、使い捨てではないですか!あっという間にゴミですよ!

なので、どうしても「皮」でなきゃだめ、っていうときは、「これは少なくとも5年10年使える」と判断できるものに限って購入するように、自分の中でルールをつくってみました。
ビルケンシュトックとかなら、修理しながらずうっと使えますからね。さすがドイツメーカー!

でも今回はほんとにうっかりでした~。
「UGG=あったか~い」のイメージに頭が洗脳され、これは冬にはなくてはならない!とインプットされてました。
自分も、数年前にカンペールのファー付きブーツを思わず買ってしまい、後からちょっぴり後悔したはずだったのに~。
まして子ども靴なんて、せいぜい1,2年しか使えない・・・

早速、「羊は殺さずになにかオーガニックなコスメとか探してきてね~」とメール。
旦那さんからも「ごもっとも」の即答。

で、お土産でもらったのは、
「これがあった~!」
Aesop(イソップ)のオーガニックコスメ

ずっと前にバーニーズニューヨークで取り扱いしていて、そこで購入していたのだけど、このごろは旦那さんの里帰りでヨーロッパに行く度、現地では激安のWELEDA一筋。
家族も私が好きだと知ってからは、贈り物の度にWELEDAグッズを送ってくれるように。ありがたい~。

イソップ、とっても素敵なパッケージに、ハイクオリティーな素材、そして香りもまたすばらしい!
ここの会社は一切広告をしない、というポリシーでやっているそうです。
でも、いいものはやはり世界に広まっていくのですね~。


で、本題のUGGの真実・・・なのですが、

旦那さんがオーストラリアで色んなショップをまわると、「UGG」と銘打ったブーツが沢山。
しかもデザイン価格もばらばら・・・



ってことで、調べてみたところ・・・

もともとオーストラリアでは「UGG」というのは、「シープスキンブーツ」の総称だったそうで。
それを何年か前にアメリカの会社が「UGG」というブランド名でブーツを売り出したところ、大ブームに。

で、もちろんアメリカの会社は他のメーカーが「UGG」の名前を使うことを禁じたらしいのだけど、(登録商標にしたってことかな?)もちろんオーストラリアの他メーカーだって、昔から使っていた名前なのになんで!
みたいな感じで色々あったらしく。

結局、本国オーストラリアでは、今まで通り、「UGG」の名称で「シープスキンブーツ」売ってるみたいです。

なので、時々ネットショップやオークションとかでも、「これは本物です」とか、「偽物買わされた?」などのやりとりあるみたいですが、いわゆる「UGG」ブランド以外の「UGG」っていうのも実在するわけで・・・
どうも「UGG]ブランドの方のシープスキンブーツはメイドインチャイナのようですね。

知らなかったのは私だけ?
みんなこれって知ってることだったのかしら~?

まぁ、いずれにしろ、今回は色々とお勉強になりました。

ペネロペ好き(私が?)の娘には、もちろんコアラのぬいぐるみ・・・(ちょっとリアルで怖い・・・?)

オーストラリア、1度はいってみたいなぁ~。
f0204458_10521251.jpg


イソップのスキンケアセット。
竹でつくられたパッケージボックスも素敵です。

WELEDAはヨーロッパで購入すれば日本の3分の一価格くらい?
ベビー用から大人用まで、沢山の種類があります・・・
[PR]
by kamakuraecolife | 2009-04-13 10:14 | エコファッション

本日のオーガニックアイテム 鎌倉 クプリオ

本日のオーガニックアイテム
  オーガニックコットンキャミソール
  リサイクルコットンパーカ
f0204458_23202126.jpg

こちらは娘のパンツです。
オーガニックコットン&リネンのパンツと、オーガニックコットン100%のパンツ。
鎌倉のお洒落な子供服のお店、「クプリオ」さんのオリジナルです。
残念ながらオーガニックコットンのシリーズは、95サイズまでしかないので、娘にはもう今年が限界・・・
でも、下着やベビーの肌着など、すっごくかわいいアイテムがいっぱいなので、ベビー誕生の贈り物などには、よくこちらのお店を利用しています。

ボンポアンやボントン、プチバトーにmina、wowoなどなど、身もだえしそうなかわいいお洋服のセレクトに、いつも欲望との葛藤を強いられる危険な場所・・・
でも、覗かずにはいられない!
ぜひとも、トドラーサイズのオーガニックコットンシリーズ、作って欲しいです。
それにしてもかわいい子ども服は、みているだけでも癒されますね~。
[PR]
by kamakuraecolife | 2009-04-12 23:34 | エコファッション

本日のオーガニックアイテム

  オーガニックコットンのボーダーカットソー
  オーガニックコットンのチュニックワンピース
f0204458_17263657.jpg


j.s.luxeのオーガニックコットンシリーズ、このOP、色違いやTシャツ・デザイン違い等などあり、とっても使えます・・・今期も色違いなんかでないかな~。
[PR]
by kamakuraecolife | 2009-04-11 17:36 | エコファッション

シンクロニシティー

このところ、「会いたい」と思った人に、偶然出会うことがよくある。

時々、こういうことが重なる時期、というのが今までもあったのだけれど、
今、またその時期にさしかかっている気がする。

人生のターニングポイント?

そこまで大げさでなくても、自分がきちんとやるべきことをやって、気持ちにうそがなければ、必要な人やことは必要なタイミングで現れるのだと思う。

わかっているつもりでも、日々におわれ惰性ですごしてしまう時期というのもある。

今、ようやく、そこから抜け出しかけている気配が。


「やりたくて、やれなかったこと」が自分の中ではっきりして、「今やるべきこと」が見えてきたからなんだと思う。

子どもの成長の早さを隣でみていると、人生そんなに長いものではないんだということをいやおうなしに感じさせられる。

なんでも後回しにしているうちに、気が付いたら「ああ、すべてやりそこなってしまった・・・」と、死ぬ間際に後悔するのがオチ。
人の死に様は、その人が毎夜眠りに付くときの状態とにているものだ、という話をきいたことがあるけれど、今の私ならば「ああ、また今日も不完全燃焼・・・」と、人生を終えてしまうところだ・・・

せっかく与えられた今の環境を最大限に生かして、「やるべきことはやった!」と思いながら眠りにつけたら、どんなに素敵な夢がみれるだろう。
[PR]
by kamakuraecolife | 2009-04-09 19:47 | 日々・・・

本日のオーガニックアイテム

本日のオーガニックアイテム
  オーガニックコットンのボーダーカットソー
  オーガニックコットンのキャミソール
[PR]
by kamakuraecolife | 2009-04-09 19:05 | エコファッション