カテゴリ:沖縄生活( 10 )

-癒しって。

免許の更新のために警察署に行き、事故だ、慰謝料だと、暗い話を聞かされ・・・
ああ、やっぱり二度と車のハンドルは握るまい、と、どんよりした気分で講習会を終える。

しかも5年前の免許証と、今回の免許証を見比べ、
「やっぱ私年とったな~」としんみり。。。
(今回も当日写真撮るっていうのを忘れていて、不意打ちの写真撮影だったわ!毎回この写真を人目にさらすのか~。とほほ・・・笑)

しかし、外に出るとこの風景が。

警察署の裏側は人気のないビーチ。


f0204458_16345843.jpg



癒されるとは、こういう事ですね。

自然の静かなエネルギー。
昔の海は、どこもこんなに綺麗だったんだろうな。。。
[PR]
by kamakuraecolife | 2012-10-04 16:34 | 沖縄生活

ノマド的

鎌倉から沖縄に引越しするとき、ずいぶん沢山のモノを処分した。

結構物持ちがよくて、というか捨てられない性格で・・・なんやかんやと独身時代から持ち越していたいろんなモノたちを引越しのたびに移動させてきたのだけれど、、、

今回は、なんだかいろんな意味で「身軽」になりたいという衝動があったのと、いつでもどこにでも動ける準備をしておきたいな、と、思ったから。

311の地震が大きなきっかけになったのは確か。

沢山の人が犠牲になり、家を失い、今だに仮設住宅住まいを強いられていたり、避難生活を送っていたり・・・

当たり前にあったものが瞬時にして失われるという経験、私には起こらなかったことだけれど、ある意味、あれは意識の上で自分にとっての「確固たるもの」が目の前で崩壊していく経験でした。

好きなモノに囲まれて、快適な住環境を手に入れる為にお金や時間を使った時代もあったけれど・・・
あの311の後には、そんなことが何だかちっとも大切に思えなくなってしまった。

もっと、生きていく中で自分にとって本当に大切な「何か」を、
「モノ」に置き換えて忘れてしまっていた「何か」を、今取り戻さなくては、という感覚かもしれない。

思い出のいっぱいつまった家具たちも、今までの自分なら、手放す時にちょっと感傷的になったり、「やっぱりこの子はおいとこ!」と気が変わったりするハズだったのだけれど、

むしろ「スッキリした」という感覚だったのには自分も驚いた。

あの椅子、いつも私の定位置を作ってくれてたよね~、とか、
あのチェスト、初めて東京に出てきたときから一緒だったよな~とか、
あえて余韻を味わおうと色々と思い返してみたけれど、ほとんどそんなセンチメンタルな気分は盛り上がらずじまいだった。

モノに愛着を持つのと、執着するのとは、今までの自分に区別はなかったけれど、今は客観的にその違いを理解できるようになった気がする。



沖縄でも、必要最低限の家具はとりあえず小ぶりで組み立て式のもの限定。
ダンボールの代用で済むものはとりあえずそのまま。(布くらいは被せてごまかしてますが。。。)
クローゼットもそのまま持ち運びできるように、衣装ケースに変更。

これで次の引越しはラクチン!

と思った矢先、どうやら本当に引っ越すことになりそうな。。。

しかも海外?



鎌倉に戻って再び荷物の整理。

捨てられなかった写真も大量処分。

思い出の子供服も、もういくらなんでもね、とあきらめ。


家具も必要最低限、重くない小ぶりのものを数個を残し、ベッド生活も止めて国内だろうが海外だろうがこれからは布団!

移動式生活の準備完了!?


とはいっても、本、捨てられないんだなぁ~・・・

これでも三分の一くらい思い切って処分したんだけれど、今回もしホントに海外となると、日本語の本が手に入りにくくなる・・・

そう思うとうかつに処分できない!

あの、電子書籍・・・どうもなぁ、情緒がないというか・・・手のひらに電気製品、落ち着かない・・・
電磁波は大丈夫なのか!?とか、目にも優しいとは思えないし。。。
でも、これだけの本の山をみていると、ちょっと考えてみたほうがいいかも、と思い始めたり。

大好きなお洋服、、、特に子供服も難しいジャンルだけれど、沖縄に行ってから、今までのお洋服が通用しないこともよくわかったし、前と違ってある意味、単なる趣味だと割り切れるようになった部分も。
ちょっと前はかなり「執着」に近いものがあったんだけれど~。
(だって女の子服、小さいとかわいいんだもん!でも、もう、子どもも小さくなくなっちゃった・・・)
このところ買い物もそんなに楽しくなくなっちゃったし。


友人の中にはホントに家を処分して、家族で世界放浪に出かけていったいさぎよい人たちがいたり、沖縄で出会った人たち、最低限のモノだけで質素に生活してる人たちもいる。

この間出会った親子は、ほとんどモノを持たず、全国をいきあたりばったりの状況で旅していた。。。ホンモノのヒッピーだ。

さすがにそこまではできないけれど、なんだか物質的な「重さ」から少々開放されて、精神的にも「軽く」なれた気はする。


溜める、のはよくないよね、と改めて感じたり。

モノも思いも、執着しちゃいけないよね。

わかっていてもそう簡単じゃなかったりするけど。


前に、「話す」と「放す」の音が同じなのは偶然じゃないよ、という話を聞いたけど、そう、「話す」ことは思いを「放す」ことでもある。

日本人が結構苦手とするジャンルだったりする。

だけど、これからは出来るだけ、「放し」て行きたいと思う。
(垂れ流しにならないように気をつけなきゃだけど。)
家の中も心の中もゴミ溜めにしないように。


さて、身軽になって、根無し草的な性格がまたムズムズと活動する時期を迎えたのかもしれません。

ノマド的人生。

どこで生きても、どこで死んでも、自分は自分。魂の旅は永遠だから。
[PR]
by kamakuraecolife | 2012-08-24 21:55 | 沖縄生活

なにもない豊かさ。

梅雨が明けたとたん、ものすごい夏の日差しが連日続いています。

さすが沖縄・・・

数日で、こんがり小麦色の娘と私。


朝7時半の登校時にも、太陽はぴかー!っと輝いてます。

「う~ん、やはり夏場の徒歩移動はきついか・・・」と、車のことが頭をよぎる・・・



沖縄は車社会。

特にここ北部の田舎町において、車なし生活というのは、まずありえません。

子どもの通学も、ほとんどが車です。

私も小学校時代、九州のど田舎に住んでいましたが、みんな30分とかそれ以上かけて田んぼのわき道を歩いて通っていたけどなぁ。

車通学なんて、病気とか、よっぽど理由がないと許されなかった記憶が。

でも、沖縄にはそういった規定はない様子。


在沖縄の友人が、「こっちは5分の距離だってあるかないよ~」と言っていたけれど、確かに、道を歩いている人をほとんどみかけません。

自転車だって、ほんと~に、と~きどき。


しかし確かに、この夏の日差しが数ヶ月続くわけだから、とりあえず車ないと夏場は無理ですね。

さて、うちはこの夏をどうしよう・・・?


この間、中古車物色してみたけれど、でもやっぱり、なんか自分が車を運転する、というのが腑に落ちない。

免許取得した十数年前から、「自分には運転はむかないから、できれば一生ハンドルは握らずに生きて行こう。」と心に決めて(?なんのための免許証??)、それを守ってきたのだけれど、ここに来て、その決心がゆらぐ・・・

でも、やっぱり、せっかくの田舎暮らし、ここで石油頼りの生活になるのか、というのが、ちょっと納得いかない部分でもあり。


むかしむかし、車がなかった時代みたいな生活に戻ってみてもいーんじゃないかな~って。

お買い物も近所で済ませ、遠方に行くときはみんなで乗り合いバスとか。

バスの本数増やして路線増やして、もっと使いやすくするとか。

田舎だからこそ、車必須という生活、なんか矛盾・・・?


沖縄もね、木が道路わきに茂っていて、木陰があれば全然歩けるんですよ。

それが舗装されたり、道脇にいろいろ建てちゃったりして、街路樹が少なくなっちゃったから、カンカン照りの太陽にさらされてしまうようになっちゃったんじゃないかなあ。

町や村の開発には、そういう気配り大事だなぁ、って、しみじみ思う今日この頃。


だって、あのコンビニの駐車場の前通るときが一番過酷!

頭上から降り注ぐ真夏の日差し、アスファルトの照り返し、逃げ場なし!

あそこにほんの2,3本の木があれば、木陰を歩けて全然苦痛じゃないのに~。


なんて、ぶつぶつ言っているうちに、そろそろ学校も夏休み・・・

夏はしばらく鎌倉に戻ります。

ってことは、やっぱりしばらく車はいらないかなぁ・・・?



引越しのドタバタもようやく静まり、子どもの見送りからお迎えまでの時間にようやく一息つける余裕が出来た今、

(そして、なんと昨日から、通学途中から一人で歩けるようになった娘!どうぞこれが続きますように~。娘は片道だけど、かあさんはまた来た道、こげこげしながらもどんなきゃだからね~!)

学生時代に初めて一人暮らしをしていた頃の記憶がよみがえってきました。



ケータイもパソコンもなかった時代、学校がお休みの日は電話線抜いて、好きな音楽かけながら一人っきりの時間を心ゆくまで堪能していた、あの頃。

窓から見える港の景色をぼんやり眺めながら過ごした至福の時間。


今は海の風景ではないけれど、窓から入ってくる風と、緑の木々の色と、抜けるように綺麗な青空を、ただ感じるだけの時間。

パソコンが通じなかったひと月、本当に、生活が静かだったなぁ・・・


豊かだなぁ、と思うのは、

情報や、モノや、予定や、そんなこんなが何も「ない」ってことだったんだよね、ということを、しみじみと感じます。


ここには店も、移動するための車も、テレビも、街頭もないけれど、

うっとりするような山の緑と、澄んだ風と、虫の音だけの静かな夜と、まぶしくて目が覚めてしまうくらいの月明かりがあります。
[PR]
by kamakuraecolife | 2012-07-04 10:06 | 沖縄生活

きよしろう!

沖縄311のティダノワ祭で発足したこのグループ。
中心になって、時には子どもを背負いながら、おあっぱいあげながら、みんながんばっていた、たくましいこの面々。

沖縄のかあさんたちです。(うちなんちゅーと、ないちゃーのかあさんミックス)


今になってしみじみ、清志郎はすごいなと。
その志、ここでも繋がっています。

割烹着~ず
「ラブミーテンダー」
http://www.youtube.com/watch?v=DKQlL6QWmjs
[PR]
by kamakuraecolife | 2012-06-13 14:11 | 沖縄生活

沖縄ないない生活 その2

つづき・・・


そう、車がないと必然的に歩かなくてはならないので、これがとってもいい運動になる!

朝の6時に起きて、朝ごはん食べて、7時半から約1時間のお散歩を連日。

午後には学校までの往復再び。(片道バスにしちゃうこともあるけど。)

これ、通学のお供でもなければ続かない日課です。


時にはザーザー降りの雨のなかを黙々と歩く。

目には見えないけれど、亜熱帯の緑の濃厚な酸素と、雨に洗われた綺麗な空気が、肺の中にいっぱい流れ込んでくる感覚がとても気持ちいい。

体も軽くなるし、足の筋肉もついてきた。

娘もいまや私の早足歩きのスピードに余裕でついてこれるように!

運動あんまり得意じゃなさげな娘には、この朝のカリキュラムは必須かも、なんて。
(彼女は片道だけだからね、たいした距離じゃないんですが。)


そろそろ引越しにともなう生活必需品の買い物も終わったし、なんか、車、なくってもいいかな~、なんて。。。


ただ、これからやってくる台風の季節・・・

そして夏の日差しを考えると、ちょっと子どもには酷かなぁ。


いろいろこちらで関わっている事のミーティングやイベントや、というとき、バスさえ通っていない場所が多い北部では、人のお世話になってばかりじゃ心苦しいし。

できることなら一生ハンドル握らず過ごしたかった、なんて、田舎にくるべきじゃない?


バイク?(二人乗り用の免許とらなくっちゃだ。)
自転車?(土地の起伏があるので、遠距離はちょっと厳しい・・・)

いや、これからは化石燃料の枯渇や流通の問題も起こる可能性もあるから、やっぱり馬での移動を本気で・・・


なんて、往生際悪く、ずるずると車なし生活を継続中。



そんなこんなで気付いたら6月も半ばにさしかかりました。

もう少しで夏休み!?
鎌倉に帰省するし、やっぱり車は先送りかな~。

(パソコンは1ヶ月かかって、ようやく繋がりました♪)
[PR]
by kamakuraecolife | 2012-06-13 13:44 | 沖縄生活

-沖縄ないない生活 その1

パソコンなし生活はや一ヶ月。

アパートに引っ越しして、手続きすぐに始めたのに…

電話加入権いらない、ハヤクてカンタンな方法としてルーターを考えたのだけど、
ここはやはり田舎…
エリアがビミョー、スカイプは多分ムリ、どんな具合だか試したいけど、お試しは無しでいきなりの2年契約…う〜ん…

…というわけで、加入権不要のADSLにしたら、「ラインの空きがない」と、途中でストップ。
急遽加入権を移動させ、また最新からごにょごにょ…

すると先日、「名義人の名前が違います」のハガキが…

いつになったらつながるんだろ?

もうなんだかどうでもよくなってきた。

2、3日おきに数時間、お友達宅でメールチェックなどしてるけど、
かなり…
世の中の情報から隔絶された感が。

TVなし、パソコンなし、車なし生活。

なんて静かな田舎生活…。


そうそう、この田舎で車なしはありえないよと言われつつ、日々徒歩とバスと時には友人知人に助けられ…
なんとかかんとかやっている。
(今月頭までは居候生活だったから、移動もお世話になっていたから、って事もあるけど…)

1時間に1本のバスも上手くアレンジできるようになってきたし…。

しかし、100円Shopへの道のりもバス30分+徒歩30分と、片道1時間だ。


8時に子供を学校へ送ったあと、(これまた徒歩で往復4、50分)バスに乗り、いざBIGCITY名護へ!(笑)

ここで、街の中心ショッピングセンター、「ジャ○コ」へ。

う〜ん、この複合ショッピングセンターの風景、九州の田舎と全く同じ…

入ってるテナントとか、周囲の雰囲気とか…
地方都市は大手資本によってみ〜んなどこも似たり寄ったりの町並みになっている…。


しかし、ここへ来る30分の道のりの途中、
「このドラッグストアの100円Shopにはあれがある!」とか、
「スーパーサ○エー」には意外とオーガニック食材が置かれている!
なんて発見もあり、うっかりしているとジャ○コに着くのがお昼近くになることも…

ここからがいつも猛ダッシュ。

「え〜、キッチンで使うあれが…」
「○○電器であれ買って!」
「食品もあれを買い置きしとかなきゃ!」

そうこうしてる間に、ヤバい!バスセンターに戻らないとお迎えに間に合わない!

しかし、この荷物持って学校には行けないし…


ここは大手スーパーのサービスに感謝。
たった300円で自宅まで配送してくれる。

(後でわかったけど、どこのお店もだいたい配送サービスがある。近所のACo-opなんて、2000円以上のお買い上げで人間もろとも自宅まで配送!)

おかげで安心して時間ぎりぎりまでお買い物してられます。


さて、この名護通いも3、4回を過ぎた頃、バスセンターに戻るタクシーの運転手のおじちゃんが、(こればっかりは、また30分かけて歩く時間も体力もなし…もったいないけどタクシー頼り。)
「どこまで行くの?」
「〜までなら2000円で行くよ。」

…「え!?」

…「あ〜、でも、う〜ん、2000円はちょっと払えないです〜」

「じゃあ、1800円」

!頭の中で計算機がパチパチッ!

名護からバス片道650円、バスセンターまでのタクシー代600円、買い物の配送料もし2店舗だと600円、
=1850円!

「ホントですか〜!じゃあお願いしま〜す♪」

ってことで、そのおじちゃんのおかげで家の前まで荷物共々、しかもたったの20分で!配送してもらえることに。

道すがら昔話や趣味の話、案外楽しいこのドライブ。

だからこういう不便さも、ちょっとした出会いがあったり、慣れれば案外大変、っていう風にも感じなくなってくる。

せっかく田舎に来てもやっぱり石油頼りの車社会、っていうのもなんだかなぁ…

という腑に落ちない感もあるし、みんなが車所有だから、公共交通機関がそれでますます寂れていく悪循環…

カーシェアリングとか、いっそ馬車とか…

せめて自転車を快適に使える環境があればなぁ、なんて。


しかも車なし生活には、さらにもうひとつ、大きなメリットがあるわけで…

(つづく…)
[PR]
by kamakuraecolife | 2012-06-04 20:22 | 沖縄生活

ティダノワの活動が紹介されました。

沖縄にきて、その活動に民さん経由でかかわらせてもらっている(といっても、今のとこミーティングのぞいている程度ですが。。。)ティダノワ(カタカナが正解でした~。今までひらがなで書いてた。。。)の活動が、琉球新報で特集されました。

原発に関係する活動は報道の制約もあってなかなか紹介されにくいのだけれど。

かかわっている人たちが、それぞれの分野で活躍している人もいるので注目度もあるし、こういう活動がもっと日の目をみるといいな。

それにしてもみなさん母として、たくましく生きています。

乳飲み子かかえて授乳しながら!ミーティングを仕切っていたUAさん・・・

小さい子どものいるママも多いのに、かなりの力と時間を割いております。

女は強し。
[PR]
by kamakuraecolife | 2012-01-13 00:17 | 沖縄生活

沖縄「つなぐおもい」

f0204458_16552032.jpg


f0204458_16552062.jpg

沖縄イベント目白押し!

「つなぐおもい」という、「てぃだのわ」(5年後10年後子供達が健やかに育つ会・沖縄)の活動支援や、沖縄から明るい未来を発信して行こう、という思いで企画されたチャリティーLive&手作りマーケットのイベントです。


朝9時から、会場のお寺、普天満山神宮寺の副住職さんの散華に始まり、ステージではずっと音楽の演奏が続きます…


民商店は出店プラス、夫婦での出演もあり大忙し。


美味しい食べ物のブースも一杯で…
子供達も大喜び〜。
大はしゃぎ〜。


移住者チームも沢山参加しているので、鎌倉にいたときにも食べに行っていたcoyaのきこさんじゅんじさんもカレープレートで出店。

前回の沖縄滞在から再び…
沖縄でcoyaの味を堪能F6D4.gif


他にも最近初めて食べてそのモチモチ感にハマってしまった「タピオカサンド」、沖縄の美味しいパン屋さん、「水円」のパン、「みぃむ〜ん」「かふう」のスイーツ、などなど…

ほとんどのお店がベジタリアン、オーガニック主体なので、美味しい上に安心。
ついつい買い食いに走ってしまう大人達…


民商店のヒーリングメニュー、「ヘルスチェック&ボディワーク」も好評でしたF3A1.gif
民さんのスピリチュアルチェックに真剣に耳を傾ける人も。
(私はボディワーク担当。)


日も暮れて、ステージも佳境に…

「てぃだのわ」発起人の一人でもあり、今は沖縄在住でここやんばるの地からメッセージを発信しているUAのライブです。

日比谷公園でのイベント以来、久しぶりに「moor」。
いい歌ですね…
きれいなメロディに、この歌詞。

「豆乳チャイに名前変えよっか…」といいながら「ミルクティー」。
懐かしい…


そしてその後は我等が民商店のパパ、青柳さんのソロ。

なんて豪華な…
贅沢な…

久しぶりに青柳さんの生演奏、堪能させていただきました。

東京でCafeをやっていた頃、一周年記念パーティーでライブやってもらって以来です。
10年ぶり!?

ホントに不思議だなぁ…この巡り合わせ。

民さんも今回は、清志郎をこの日のために仕込んだ(!)ハスキーボイスで披露。
もしかして一番の見所だったかも!?


素晴らしい、満月前夜のひと時でした。


〆には副住職さんが参加ミュージシャン全員と、音楽に乗せて般若心経を!

いいな〜!
なんだかラップ調だった。
会場にもお経を書いた紙が配られ、お客さんも一緒に。
(そういえば、沖縄に来るとき、少ない荷物のなかになぜか般若心経を持参していた私。この時こそ、必要だったものだったのか?)


こんなにぎやかなイベントに会場を提供してくれ、そしてお経で演奏に参加。。。
こんな懐の広いお寺さんがあるなんて…


夜9時半、終了。

遊び疲れた子供達は帰りの車で夢の中。


震災にあった子供達が、こんな風に元気に外を走り回り、安心して美味しいものを食べられる日が日常となるように、遠く離れたこの沖縄の地からも何かできるといいな…

震災後に色んな思いで沖縄に移住してきた人たち、これからの世の中をどんな風に生きて行くのか、まだまだ手探りで歩いていますが…

みんなにとって、明るい未来が開けていけますように。


沖縄、311に向けて、まだまだイベント続きます。
[PR]
by kamakuraecolife | 2012-01-10 16:55 | 沖縄生活

「沖縄ヒーリングフーズ」始動!

f0204458_105383.jpg

f0204458_105389.jpg

f0204458_105361.jpg

f0204458_105397.jpg

f0204458_105352.jpg

沖縄で急遽、ケータリング活動スタートしました。

民さんとのチーム結成!その名も

「沖縄ヒーリングフーズ」


本日第1回目ケータリングは、「てぃだのわ」ミーティング。


「てぃだのわ」は「5年後10年後子供達が健やかに育つ会」が母体の沖縄支部です。


私も鎌倉支部の活動に参加していましたが、こちら沖縄での活動については来るまで知りませんでした。

「てぃだのわ」では3月11日に沖縄でイベントを企画していて、その打ち合わせでメンバーの皆さん、かなり頻繁に集まっている様子です。

ほとんどが子供連れのファミリーなので、ミーティングはいつも賑やか。

そしてなぜかほとんど子供が女子という…

15、6人いるキッズのうち、男子はわずか3、4人…

将来、大丈夫だろうか…
もしや争奪戦?



0歳から中学生の子供達が笑ったり泣いたり走り回ったり…賑やかな喧騒の中、親達は真剣に、そして時には遊び心も盛り込みながら、数時間にわたるミーティングを進めて行きます…


そしてファミリーミーティングにはやはり、食べ物重要!

毎回、誰かしらが食事担当を受け持っていて、(メンバーにはプロが多いのでそれは嬉しい特典!)今回は私たちが急遽チームを組み、名乗りをあげてみました。


メニューは

沖縄地元野菜とクスクス、白いんげん豆のオリエンタルサラダ。

沖縄特産のおいもを2種類、ボイルドポテト

オーガニックパスタのガーリックソース

エスニック団子汁

ナッツとチョコのケーキブラックカランツソース添え


キッズには他に

アルファベットパスタ

白玉団子きな粉合え


このきな粉白玉が子供達にも大人にも大ウケ。
タピオカ粉混ぜたので、プリプリ感が増したのと、沖縄の黒糖が。
お皿もスプーンもみんながペロペロ舐めて綺麗サッパリ無くなりました…

パスタもさっぱりながらもしっかりガーリックが効いていて、大人メニューのはずが、子どもたちも食べたらとまらなくなってしまったようで、、、

それでも、団子やおいも、おかわり分など、子どものおなかを満たす要素も忘れずにメニューを組んだので、
「足りない~」という声を聞かずに済み、一安心。


ベースはマクロビオティックとリビングフードですが、ちょっぴりハレの日の要素を加えてしっかり目なメニューです。


団子汁は大分の郷土料理ですが、それをエスニック風にアレンジ。

オーガニック素材もふんだんに使用しているので、素材の美味しさは保障付きです。


食べ物の献立を考えるの、楽しい〜。


二人であーでもない、こーでもない、と知恵を出し合うのも刺激的で、一人でやるのよりも格段に面白かったなぁ。


さて、「沖縄ヒーリングフーズ」、次回の出張はいつになるか!?

マクロビオティック、ウ゛ィーガン、リビングフードだけじゃなく、デトックスメニューやダイエットメニュー等など、守備範囲は広いですよ〜。
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-12-27 01:00 | 沖縄生活

沖縄クリスマスヨガ

f0204458_14162273.jpg

f0204458_14162371.jpg

f0204458_14162348.jpg

f0204458_14162311.jpg

12月24日、ポカポカ陽気の沖縄やんばる。

今日は「民商店」にて、沖縄初のヨガクラス開催F6D4.gif


地味な宣伝にもかかわらず、嬉しい事にご近所さんの参加もあり。

シニアの人向けクラスは私も以前からやってみたかったので、沖縄の地元おばあさんとか、一緒にできたらいいなぁ〜。


民商店も移転したばかりなので内装ちょこちょこいじりながら、週末営業しております。

放射能対策グッズなども充実。
デトックスに関する知識も豊富な民さんに、いろいろ質問しながらお買い物できるなんて贅沢ですね。


今後はまた各種ワークショップ開催や、魔女学校(!?)開校するかも〜?
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-12-24 14:16 | 沖縄生活