カテゴリ:政治・・・?( 8 )

言いたいことは堂々と

先週末に行われたドイツの選挙。メルケルさんの大勝利に終わり、3期に渡る長期政権維持の見通し。
投票率は70パーセント超えだったとか。。。

日本はせいぜい40パーセント前後、なんて言ったら、驚かれた。
それくらい、ドイツの人たちは政治に熱い。
というか、本来それは当たり前のことなんだけれどね。

何はともあれ、今ヨーロッパで唯一、安定を保つドイツという国のリーダーは、またもや女性が仕切ることに。

賛否両論あるけれど、これからの時代をある意味象徴しているかもしれませんね、女性のリーダーが国を仕切るという流れ。

それにくらべて日本の政治は、いったいぜんたい、どこへ向かおうとしているのか。

ここまで堂々と嘘をつかれ、呆れてものも言えない・・・と、そんな風に国民に諦めさせることさえも、計算づくの様な気がして、くやしい。



そんなときに見つけたこの記事・・・

おいおい!物騒だぞこれは!
と、直視するのもはばかられそうなトラックたち・・・

街宣車・・・いえ、とあるお店のトラックだそうで。

店の存続にさえつながりかねない、この過激な行動を断行している社長。
タダものじゃないです。

しかもおかきやときた!しかも美味しいらしい!

「兵庫県の老舗せんべい屋 播磨屋本店 の宣伝トラックがヤバイ!」

http://matome.naver.jp/odai/2136301991142931001


私は右でも左でもないし、(ここの社長も右ではありません!と断言してますが)正直、ここまですごいことされると「お~・・・大丈夫なのか~・・・」と、むしろ、会社の影響とか、社長の身の安全とか、いろんな余計な事を心配してしまうたちなんですが、、、

言いたいことを、ここまで堂々と言い切る社長、あっぱれです。

文言も、過激すぎて、むしろ面白すぎる。

「機密保全法」なんかに負けずに、今後も己の主張をひっさげハンドル握り、頑張ってほしいものです・・・

言いたいことも言えなくなったら、それこそ「未来はない」ですからね。
[PR]
by kamakuraecolife | 2013-09-29 20:39 | 政治・・・?

日本に光を!

こんなにブログをほったらかしにしていたなんて、気づかないくらい・・・
何をやっていたんだろう? 

FBでちまちまと日常をアップしていたら、こうやって腰を据えて(?)文章を書く時間をとる必要を感じなかった、というのもあるし、
実際、いろいろなことが起こって忙しかった、ということもある。


そして今、日本の選挙が盛り上がっている!私の周辺では!

そう、山本太郎くんと三宅洋平くんの二人。

こんな風に、若者たちが、選挙というものは実際自分たちにかかわるものなんだと感じられたことが、いまだかつてあっただろうか?

正直、勝敗という結果に関しては、全くわからない。

もちろん、当選してほしいし、当選したら、これはほんとに、すごいことだと思う。

だけど、不正選挙のシステム、ムサシはあなどれないし、
相手だって本気だ。
彼らにはそれなりのノウハウがあるし、そこを打破するだけの力が、今この時点であるかというと・・・
厳しい。

それでも彼らが当選したとしたら、これは日本における革命といってもいいくらい、すごいこと。


ただ、選挙の結果はさておいたとしても、こういった若い世代で、自分たちの言葉で、真っ当なことを語れる人物が現れたということだけでも、すばらしいこと。

待っていたんだよ!みんなきっと。

当たり前のことを、当たり前に、語ってくれる人を。

政治はまつりごと。

難しいことじゃない、自分の意見を世の中の仕組みに反映させてもらうために、話し合うこと。

彼らは、私たちの代わりに、手を挙げてくれた。

「ねぇ、こういう意見も聞いてくださいよ。」
「これって、こういう方法もあるんじゃないんですか?」

だから、言いたいことが沢山あったのに、手を挙げる自信がなかった人、きっかけがなかった人たちは、彼らに感謝し、応援したいと思うんだ。

彼らの後に続く若い人たちが、どんどん現れてくるといいなと思う。

日本は、変化のターニングポイントにあるんだと、ひしひしと感じる。

うつらうつらと眠りかけていた日本に、ガツンと、刺激を与えてくれた彼らに感謝。
正直、私もほとんどあきらめかけてたから・・・

政治は、どうにもならないでしょ?
自分でできることをやる以外にはないんでしょ?って。



ちなみに、沖縄にいた時、三宅くんも同じエリアに住んでいたので、イベントやらなにやらでみかけることもあったし、友人知人のほとんどは彼と面識があった。

当時彼のことはミュージシャンだということ以外ほとんど何もしらなかったけれど、見かけと違い、
(失礼!)正直で、人に対しても、物事に対しても、垣根のない人だな、というところに関心したことがある。

私にとっての沖縄最後のイベントで彼を見たとき、この人は何かやろうとしているのかな、と、ふと感じたのが気になっていたのだけれど、まさか選挙とは思いもよらなかった。

でも、彼はいままでの選挙を、斬新に変えて見せてくれた。

面白い!

でもそうなんだ、ほんとは、そういうものだったんだ。

私たちは、本当に「まつりごと」を、自分たちの手に取り戻すことができるかもしれない。
[PR]
by kamakuraecolife | 2013-07-19 07:20 | 政治・・・?

未来は自分の選択だと思う。

日本の未来はどうなるんだろう。

原発事故のその後や、TPPのことや、憲法改正のことや、、、

マスコミでは程々にしか語られず、インターネットでは一部の人たちの中で「のみ」、盛んに取り上げられているこれらの事。

正直、ほとんどの人はこういったことに関心がないんだ、という事に驚いてしまう。


フェイスブックでその辺の情報をアップすると、反応を返してくれるのは本当にごくごくわずかの人。

生活のことや、子供のことや、日常を切り取った話題には、たくさんの友達がコメントしてくれる。


これは、私に限った事じゃなくて、他の人、私にこのあたりの情報を提供してくれている(勝手に私が閲覧させてもらってるんだけど)人のページを見ても、際どいニュースや「こんな事が!」という社会派の話題には、実に反応が少ないのだ。


フェイスブックでそんな一人の知人がつぶやいていた。

「こういうことにエネルギーをそそぐのはホントはいやなんだ。でも、このまま放っておいていいのか、とも思えないし・・・」


そう、私だって、この間の話じゃないけど(「現実は自分の思いが創る」ということ)、

「まぁ、そんな難しい話は置いといて、今日はこんな楽しい事があったよ!」と言えたらどんなにいいか、と思うんだ。

だけど、できないんだなぁ・・・

きっと、こういう話題は「そんな暗い話をわざわざ聞かせないでよね~」と思われるかもしれないし、ほんと、多くに人にとってはスルーしたい話題の一つだろうし、自分のタイムラインに載せるのもね、と躊躇することもしょっちゅうだ。
(自分のメモがわりとして、アップしておくこともままあるけれど。)


だけど、本当にそれでいいの?

この国の向かっている方向や、子供たちの健康にかかわることや、あれやこれや・・・
みんな、興味ないの・・・?

いや、わざわざフェイスブックで見るニュースってほどでもないし、情報が偏ってるかもしれないし、、、

そうだよね、


結局、人生はその人の選択だから、人がとやかく言うことじゃない。

自分が人の人生、国の未来を変えられるなんて思っているわけじゃない。

でも、自分もある日、ふとしたきっかけで、ふとした人の言葉で、人生が変わる体験をしたことがあるし、
現実に起こっていることをきちんと理解した上で、なおかつ建設的な選択をできるほうが・・・
「知らなかったんだよね」と後で思うよりは、全然いいと思うんだ・・・自分は。


「知っていたけれど、それを自分は受け入れた」のか、
「知らないあいだに、受け入れてしまった」のかでは、大きな違いだと思うんだけど。


(だから、やっぱり、その手の話はスルーしないだろうな・・・少数であっても、そこに気づきや何かのきっかけが生まれる可能性があるならば。自分にはあったから。)


自分は悲観的な人間ではない、と思う。
究極的には、すべてが良い方向に向かっていく、という事を、信じているし、それを選択した(つもり)。

だけど、いや、だから、こうなって欲しくない未来には、「No!」と、意思表示をすることだけは、諦められないんだ。

それは自分の選択。

私の人生には、「この流れはいりません!」という選択。


日本を離れることが決まった時、正直、心の中で、
自分は今の日本の社会の流れに「No」を選択したんだな、ということに気付いた。

偶然のようで、これは偶然じゃない、という事も解っている。

自分の人生、子供の人生に放射能はいらない。
遺伝子組み換えの食品しか手に入らなくなるような生活はいらない。
飲み水が、自由に手に入れられなくなるような生活はいらない。
戦争に、子供たちを送らなければならないような未来はいらない。

もっと細かく言っちゃえば、

電磁波について何も語られない社会。
予防接種にもNoを言えない社会。
ホメオパシーがなんちゃって医療としてしか扱われない社会。
オーガニック食品が、農業が保護されない社会。
食品添加物が規制されない社会。
こういう話題が、普通に語られない社会・・・

それは、私には不自然なんだ。
不自然な社会に、自分を合わせていくことに、もう「No」を言うタイミングだったのかな、とも思うんだ。
20年近くも、自分なりにやってきたつもりだったし。


これは私の選択。

日本を離れたからと言って、これらすべてがここで永遠に可能かというと、そうではないかもしれない。

だけど、私が選択したい未来が、日本にはない、無くなるかもしれない、という感覚は、あの時点で確かにあった。

いやもう、随分前から、別のことでもそれは感じていたというのが、本当のところかもしれないのだけれど・・・


未来がどうなるのか、それはもちろんわからないことだらけだろう。
だけど、自分の意志で選択していくことだけは、やめたくない。

嫌なものは、嫌なんだ。

子供みたいだけど、誰かに押し付けられる未来は、欲しくない。

やっぱり、選択するしかないんだよ。と、思う。

それは、自分の選択に責任を持たなくっちゃいけないという事でもあるから、
単に逃げればいい、というものでもない。

選択の自由を、諦めないという事。
[PR]
by kamakuraecolife | 2013-05-02 17:52 | 政治・・・?

ここまであからさま!

前回に引き続き、またこんな!

霞ヶ関・・・終わってます。 



科技庁が作成 NHKへの「やらせ抗議」マニュアルの中身

(更新 2013/3/29 07:00)

 まさか、ここまでやっているとは! 
NHKのドキュメンタリー番組に対する組織的な「やらせ抗議」を旧動燃(動力炉・核燃料開発事業団=現・日本原子力研究開発機構)に指示したのは、なんと、霞が関の官僚だった。元総務部次長・西村成生(しげお)氏が残した「西村ファイル」には、その記録が克明に残されていた。ジャーナリストの今西憲之氏と週刊朝日取材班が追及した。

 問題となったのは、NHKが1993年5月21日と23日の2回シリーズで放送したドキュメンタリー番組「NHKスペシャル 調査報告 プルトニウム大国・日本」。当時も今も“国策”である「核燃科サイクル」に疑問を投げかける番組内容は、所管の科学技術庁(現在は文部科学省に統合)の官僚の逆鱗(げきりん)に触れたようだ。2回目の放送後、NHKの担当ディレクターと科学文化部記者2人が科技庁の原子力局長室で抗議を受けたのだ。そして資料によると、この会談後、科技庁から動燃に次のような“指示”があったという。

〈STA(科技庁の略称)より、雑誌、新聞等のマスコミや有読者を用いたNHKへの反論や、寄稿、投稿、電話によるNHKへの対抗手段をお願いしたい、とのこと〉

 これは「やらせ抗議」の指示としか読めない。国が出資する特殊法人である動燃は、科技庁に「命脈」を握られている。指示は、事実上の「命令」と考えていいだろう。

 さらに生々しいのが、資料に添付された2枚の「マニュアル」だ。

 1枚目は〈NHK各放送局一覧〉と題され、東京や大阪など全国の主なNHK放送局の住所と電話番号が書かれていた。「経営委員会」「考査室」などと具体的な部署名まで記されている。その下に再放送の日時と、〈☆電話及び手紙をお願いします〉とある。

 2枚目は、さらに驚愕の内容だった。〈NHKスペシャル「調査報告 プルトニウム大国・日本」を見て(Example)〉と書かれ、電話や手紙による「やらせ」の例文がずらりと並んでいるのだ。

〈日本がエネルギーを確保するために研究開発をすることがなぜいけない。日本は世界から大量のエネルギーを輸入している。将来、途上国が大量にエネルギーを使い出したら、どうするのか。足りるとでも思っているのか〉
〈30年かけて研究開発に取り組んでいることへの非難がおかしい〉
〈報道姿勢が無責任である〉
〈将来のために研究している人に失礼だ。料金不払いも考える〉

「将来のために研究している人」というのは、つまり動燃のことである。

※週刊朝日 2013年4月5日号


    


【関連記事】

動燃を所管する科技庁がNHKの番組に抗議していた

ナゾの死を遂げたもんじゅ調査担当者 死の直前の言葉

動燃、反原発派の見学者に大パニック

動燃「組織ぐるみ選挙」示す? 極秘「西村ファイル」

原発施設反対派に露骨な“監視”する動燃
[PR]
by kamakuraecolife | 2013-03-31 06:00 | 政治・・・?

情報操作にご用心。

自民党政権の支持率アップということを演出するため、ここ最近マスコミは頑張っているようだけれど、そんなわけないでしょ~、と、大抵の人は分かっているはず・・・?

少なくとも私の周りでは・・・

日本のマスコミの情報操作やら何やら、噂というか、(いやもう、エアー調査とか満載だから、ほとんどの人は分かっていると思うけれど。)ネット上でも当たり前のように語られているけれど、今日これを目にして、

「あ~ここまで・・・わかりやすくやっちゃってるんだ。」と、余りのあからさまなやり方に、驚いてしまった。

もうちょっと・・・上手くできないのかな?

「モンゴルとの首脳会談 EPA交渉加速化」のニュースの、フェイスブックのトップコメント、全く別人なのに、二人並んで全く同じコメント・・・

お~い、誰がこのテキスト作ったんですかね。

安倍さんをあからさまに褒めないようにして、民主党批判という形につくってあるけど、要は自民党でよかったね、と思わせたい意図ですね。

一応、名前は削除しておきますが・・・

もうちょっと、バレないように演出したほうが良いかと思います。。。





○井 ○· フォローするフォロー中 · トップコメント投稿者 · 勤務先: まだまだ反抗期党

なんてこった!
民主党は3年かけて日本をドン底に追いやったのに、安倍政権は僅か数ヶ月で物事が着々と進んでいく!
安倍さんや自民党が優秀な訳がないから、つまりは民主党が無能以前に「害」だったという可能性が浮上シテキダゾー(´・ω・`)
イッタイ ミンシュトウノ ソンザイカチトハ ナンナンダー!
返信 · 13 · いいね!
· 投稿をフォローする · 5時間前


Ni○○ Dai○○ · トップコメント投稿者 · 勤務先: Funucoz.Com

なんてこった!
民主党は3年かけて日本をドン底に追いやったのに、安倍政権は僅か数ヶ月で物事が着々と進んでいく!
安倍さんや自民党が優秀な訳がないから、つまりは民主党が無能以前に「害」だったという可能性が浮上シテキダゾー(´・ω・`)
返信 · 5 · いいね!
· 投稿をフォローする · 4時間前
[PR]
by kamakuraecolife | 2013-03-31 03:11 | 政治・・・?

大変なことになると、私は思ってる。

これが冗談じゃなかったら・・・・
いや、冗談でしょ?もちろん。

支持率アップ?
ホントにTPP参加していいの?

捏造なら笑えるレベルだけど、
本当なら、、、

・・・終わってる。

TPP断固反対!なんて叫んでたくせに、大嘘ついた政党を国民の70%以上が支持?

福島原発の電源停止したのは昨日でしょ?
地震の被害想定のニュースも出てましたよね?
(原発の事故想定は除外されてるという、は?、な内容だったけど・・・)
それでもまだ原発を動かそうとしている。
みんな、それでもこの政党がいいと思ってる?ホント???


もう、こんな事に憤りを覚えないよう、心静かに過ごしたいと思ってたけど、
これは・・・
この記事はあんまりだわ・・・




内閣支持率異例の70%超! 自民党支持率もすごい
J-CASTニュース 3月18日(月)19時14分配信



TPP交渉参加表明も6割が支持している
 安倍晋三政権の支持率が異例の高水準で推移している。「アベノミクス」が評価されている上、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加を決めたことに対しても支持が多い。

 政党支持率で見ても自民党がトップで、実に民主党の9倍の支持を得ている。

■支持率「右肩上がり」は極めて異例

 2013年3月18日の朝刊では、朝日、読売、毎日の3紙が、週末に行った世論調査の結果を掲載している。安倍内閣の支持率は、朝日が前回比3ポイント増の65%、読売が同1ポイント増の72%、毎日が同7ポイント増の70%。

 毎日新聞によると、今回の支持率は、第1次安倍内閣の最高支持率(67%)を上回っている。通常であれば、政権の支持率は発足から時間が経つにつれて下落が続くが、今回の安倍政権のように「右肩上がり」になるのは極めて異例だ。読売新聞の調査によると、内閣発足直後の調査から3回連続で上昇したのは1989年発足の海部俊樹内閣だけだった。

 個別の政策についても好意的に受け止められているようで、TPPへの交渉参加について評価(支持)すると答えた人の割合は、朝日が71%、読売が60%、毎日63%だった。

 政党別の支持率では、朝日が44%、読売が45%、毎日が39%。朝日の調査によると、01年4月に現在の調査方法になってからは過去最高で、これまでもっとも高かった支持率は、小泉純一郎氏が郵政選挙で大勝した直後の05年9月の43%だった。
.支持率2ケタは自民だけ
 読売調査では、2ケタの支持率を獲得したのは自民党だけで、他党は民主党5%、日本維新の会2%、公明党4%、みんなの党2%、共産党2%、生活の党0%、社民党1%、みどりの風0%といった具合で、完全に自民党が一人勝ちだ。

 もっとも、安倍政権が順風満帆だと評価する声ばかりではない。例えば首都圏では3月18日に発売された「週刊ポスト」3月29日号では、10ページにわたって「安倍首相『玉ネギ問答』の詐術」と題した特集記事を掲載。消費増税で物価が上がり、景気は回復しないといった悲観論を展開している。さらに、

  「ついには『株価4万円が見えてきた』という『超バラ色』の世界を描く週刊誌も現れた。数字は大きければいい、と考えたのかどうかは分からないが、そこには2年前の大震災報道で『煽り報道』を連発して、被災者たちの恐怖心を駆り立てた反省は見えない」

と、名指しこそ避けたものの、ライバル誌の週刊現代を痛烈に批判してもいる。ただ、正面切って批判するメディアは今のところ少数だ。

(写真キャプション)TPP交渉参加表明も6割が支持している




TPPの真実を、ただ知らないだけ???

・・・そうかもしれない。
うちの旦那さんもあんまりTPPのことを私がブツブツ言ってるもんだから、「悪いことばかりじゃないさ~」なんて言ったけど、これ見せたら、
「マズイね、これは・・・」と驚愕していたから・・・


アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは .

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=HLVKAalmD48
[PR]
by kamakuraecolife | 2013-03-19 18:02 | 政治・・・?

知らない間に加担者にならないように。

自分のかかわったお金がどんな風に社会に影響を与えているのか。


<クラスター爆弾>24カ国が関係企業への投融資禁止 
毎日新聞 1月21日(土)15時0分配信

 【ブリュッセル斎藤義彦】不発弾による市民の被害が深刻なクラスター爆弾の製造・販売企業などへの投融資をフランス、英国、イタリアなど24カ国が法律や政府の宣言で禁止していることが非政府組織(NGO)の調べで分かった。オランダ財務省の担当者は今年前半に投融資禁止法案を議会に提出することを毎日新聞に明らかにした。クラスター爆弾関連の投融資は08~11年に約390億ドル(約3兆円)に上っており、NGOは「クラスター爆弾の禁止に実効性を持たせるには投融資を禁止することが重要」と指摘している。

 オランダのNGO「IKVパックス・クリスティ」などによると、イタリア、ベルギー、アイルランド、ルクセンブルク、ニュージーランドの5カ国が投融資を禁止する法律を制定している。特にイタリアとニュージーランドは禁錮刑や罰金など罰則付きで禁じている。

 英国、フランス、オーストラリアなど19カ国は「クラスター爆弾禁止条約」(10年8月発効)が爆弾の製造や保有への「支援」を禁じていることから、投融資も「支援」に含まれるとの声明を出し、関連投融資の禁止を明確化している。

 オランダ財務省の担当者は毎日新聞の取材に「クラスター爆弾廃絶への一助になる」として投融資禁止法案の骨格を近く示し、今年前半の法制化を目指すと明らかにした。スイス議会も今月下旬に投融資禁止のための兵器関連法改正を審議する。

 NGOによると、08~11年にクラスター爆弾の主要生産企業8社に対して、116の金融機関が約3兆円の投融資を行っている。だが、近年、「資金源を絶たないとクラスター爆弾を廃絶できない」との認識が各国で広まり、10~11年に投融資禁止を宣言する国が相次いだ。

 IKVパックス・クリスティの担当者は「クラスター爆弾禁止条約を批准した国の金融機関で投融資を続けている例もある。各国政府が投融資をチェックする態勢を整えるべきだ」と指摘している。邦銀3行も禁止 日本では三菱UFJフィナンシャル・グループなどメガバンク3行が投融資を禁じる内規を定めている。



こんなアンケート調査の結果もあります。

日本の大手金融機関7社がクラスター爆弾製造企業に投融資

-JCBLアンケートで判明-



あの、河野太郎さんも書いてますね。

クラスター爆弾とあなたのお金

(自分は自民党支持してはいないけれど、河野さんの言っていることは政党云々、ということを離れて、興味深いと思います。ほんとに、、、自民党を、日本の政治を変えてくださいよ~!)


原発もそうだし、兵器もそうだし、知らないところでこんなことにお金が流れている。

武器を作る会社に融資する銀行・・・

その銀行にお金預けたり利子だの払っていたりするってことは?


戦争で儲けてるのはだれだ~!

もう、みんなそんなことはわかっているはずなのに!




世界中の人が苦しまない、本当に単純に、幸せに生きて行ける世界を実現させるためには、なんて沢山の障害があるのでしょうか。

自分自身の生活もそうですが、、、

あきらめないぞ!
[PR]
by kamakuraecolife | 2012-01-21 20:46 | 政治・・・?

これが現実。

本日のニュースで。

産經新聞の記事です。


「天下り先に国が7兆円支出 幹部1757人が再就職 総務省が実態解明へ」

 
2008年度に補助金や事業発注で国から支出を受けた法人に対し、07~09年に延べ1757人の企画官級以上の幹部国家公務員OBが再就職していたことが23日、総務省の調査で分かった。
再就職先が受け取った額は計7兆1982億円。
政府は、これらが天下り官僚の給与に充てられたり、不要な事業に使われていないか各省庁を通じて実態を詳しく調べる。


民主党などは、法人側が官僚OBの再就職を受け入れる見返りに、国が補助金交付などで便宜を図る「持参金型」の天下りが存在する可能性があると指摘。
総務省が今年3月から再就職の実態を調査していた。健康保険関係の交付金などは今回、国支出から除いている。

 
省庁が精査する対象は、官僚OBの天下りを受け入れ、国から500万円以上の支出を受けている法人。
国の事業を入札する際に競争性が確保されているかどうかなどを含めてチェックし、見直しの必要があれば11年度の予算編成に反映、総務省にも報告する。

 
また出身省庁が所管する法人に官僚OB延べ1676人が07~09年に再就職していたことも判明。
天下りを通じて、監査などで有利な取り扱いをしていないか、各省庁が政務三役なども交え、集中的に検査する。



「不要な事業に使われていないか」  これまでもそんな話は山ほどありました。
「実態を詳しく調べる」       本当にできるのでしょうか?
「持参金型」ですか。。。      そのお金は国のお金、国民のお金ですよね?
「国の事業を入札する際に・・・」  競争性が確保、なんて信じられるでしょうか。


日本の政治を牛耳っている人が、企業に天下り、こうやって日本の社会は誰かの都合のいいように動かされている。

ほんとに、きちんと調べて・・・くれるんですか〜?

  
[PR]
by kamakuraecolife | 2010-08-23 10:43 | 政治・・・?