富士山気になる。

先月の終わり頃だったか、娘がお手製の封筒をいくつか見せてくれて、

「これは自分に書いた手紙なの。」と。

4、5通の封筒はどれもきっちりテープで封がしてあり、開けられないようになっていた。

「ふーん、中は見れないんだ~。」と言うと、

「ひとつだけいいよ。」と、1通の封筒を開封してくれた。

中には、山の絵が描かれた紙が1枚。
その山からは、石のような、雪のような丸い物体が吹き出している。

「これ雪?」と聞くと、

「ううん、これは富士山。ぼーんって、爆発してるの。」

以前は時々富士山の絵を描いたりしてたけれど、ドイツに来てからすっかり忘れてしまったものと思っていたら、久々の富士山。

しかし、噴火してるんだ・・・



するとその翌日、沖縄の友人から、一通のメールが転送されてきた。

沖縄の神んちゅさんからのメールで、地震、そして富士山の噴火のことが書かれていた。


あら、昨日娘も富士山の事話してた。なんという偶然。と少々驚いたけれど、どちらも「噴火」の事をいっているので、なんとなく・・・・気になるシンクロニシティー。


そしてその3、4日後、

河口湖の水位が突然4~5mも低下したというニュースが。

また富士山!


そして今日、富士山の林道の地割れのニュース。


もしかして、近いのかな?本当に・・・

100年おきに噴火していた富士山が、ここ300年も噴火をしていない、ということのほうが特殊な状況ならば、いつ起こってもおかしくはないのだけれど・・・


娘の他の封筒には何が書かれているのかは謎だけれど、時々、子供というのはこういう勘を発揮することがある。

予言とか、そういう類ではないけれど、「なんでこのタイミングでそれ!」とか、
「なんでそれがわかったの!」みたいな・・・。

まだ動物的勘(第六感?)が研ぎ澄まされている年齢なのかもしれない。


今回は、実際の富士山噴火の兆候に反応しているのじゃなく、ただこの一連の富士山の活動に反応しているだけであればよいのだけれど。
[PR]
by kamakuraecolife | 2013-04-11 05:18 | スピリチュある?
<< 未来は自分の選択だと思う。 腑に落ちた。 >>