ドイツひと月目。そして郵便事情。

ドイツ生活ひと月経過。
日本からの家財はまだあと1ヶ月ほど待たないと到着しません。

未だスーツケースとダンボールを家具がわりにした生活。
窓にはカーテンがわりに紙を貼り(笑)、食器は一式のみ。
包丁もないのでカボチャもペティナイフでカットしてます。
(包丁くらい買ってもいいと思うんだけど・・・)

でも、物が無いことに慣れてくると、いったいこれから送られてくる荷物が、本当にどれだけ必要なものなのか、と疑わしくなってきます。

家具といっても日本でほとんど処分したので、組立の小さな棚が数個と、そのままの形で届くのは小さな食器棚と本棚・・・くらいのはずなんだけれど。

100個を超えてしまったダンボールの中身は何なんだ!
あれだけ処分したつもりでいたけど・・・

届いたら、再度、断捨離です。


そうこうしているうちに昨日、沖縄から一足先に船便で送った家具が数個届き、ほんのちょっとだけ、キッチン周りがそれらしく片付いてきました。

なにせ収納の全くないアパートなので、あるものは取り敢えず、棚か箱かないと収まらない。

意気揚々とパッキングを開けて棚を組み立てて・・・思ったのですが、このヨーロッパの広い空間のお部屋には、無印良品の華奢な(繊細な)家具が、えらくか細く(貧弱に・・・いや、失礼)目に映る、という事実でした。

同じ組立式で同じ値段でも、IKEAのどっしりして、「え~い、なんでこんなに重いんだ!もうちょっと軽量化できないの!!!」と運びながら悪態をつきたくなるような家具は、やっぱり見た目しっくりくるのです。
(でも、やっぱり重いのは運ぶのが大変だし、木ももったいない!?ので、重い家具、大きい家具はもう二度と買わない!)

ドイツのがっしりした体格の人たちや、大きなサイズのいろんなものに目が慣れてきたからなのでしょうか?

ここでは、ベビーカーも巨大だし、天井も高いし、(ようやく、旦那さんはいろんなところに頭をぶつける心配をせずに生活できるようになりました・・・)道も広いし、人も大きいし・・・

日本のちまちましたモノって、日本ならではなんだなぁ、と、しみじみ。


とにかく、荷物が届いてから、本当に必要なものだけ購入しようと決め、無いものは無いと割り切ってやりくりするのにも慣れ、物が少なくてむしろ快適な生活。

しかも消耗品を買うお店は沖縄の時とちがって、近所にいくらでもお店があるので、無くて本当に困る!というものはそんなに無いし。

ただ唯一、

日本語の本が無い・・・

というのは、結構困っています。。。


来る前にいくつか買いだめして到着を楽しみにしている本もあるけれど、それを読み終わったらどうしよう~。

もちろん、Amazonとか、通販で買えたりもするんだろうけれど、送料もったいないしな~。

英語の本・・・

英語力鍛えるためにもいいかと思うけど、なんか、本読むときくらい日本語に浸りたい。。。

子供にも、もっと今のうち、日本語の本たくさん読ませてあげたいのだけど。


今度、親に頼んで、ネットで購入したものをまとめて送ってもらおうかな。


ただただ、要注意、ドイツの税関、郵便物チェックはかなり厳しいので、やたらと物を送るのは危険です。

沖縄から送った荷物も、結局足止めを食ってしまい、悪名高い(?)郵便倉庫・・・というのでしょうか?要は「内容物チェックが必要」と思われてしまった小包などを保管し、本人に出頭(まさに、出頭という雰囲気)させてようやく発送してくれる、このシステムに引っかかり、ひと手間ありました。。。

最初、旦那さんの会社からの荷物で「お呼び出し」くらった時は、全然状況がわからず、家族で郊外におでかけがてら行ってみたら・・・

町外れの、それも駅から遠い、味もそっけも飾りもない、田舎の役場みたいな場所の、待合室で3時間・・・

日本とドイツでしかありえないであろう(多分)この、シーン、とした待合室の雰囲気。

みんな、ひたすら静かに座って、自分の順番が来るのを待っているのです。

私は、ひたすら娘と、かろうじて部屋の片隅のテーブルに用意されていた子供用の塗り絵に没頭して時間をつぶし、いつ終わるともしれない沈黙の時間を耐えました・・・

その時はクリスマス明けだったのでさらに状況が悪く、それで3時間も待たされたようなんですが、淡々とした雰囲気の中、結局、単なる会社からの書類だったのに、なんだかんだと理由をつけられ、数万円の送料にまで関税をかけられ、ようやく放免。

・・・送料にも税金?

ドイツの人に聞いてみたけれど、彼らにもこのシステムは謎のようです。

親族からのプレゼントだってなんだって、何でも「運が悪ければ」引っかかる。

「あんな町外れの殺伐としたところで、みんな文句もいわず待って、税金払わされて・・・文句言う人いないんですか?」と聞くと、

「そんなことしたらまた別の部署に回されてさらに時間もかかるし雰囲気も悪くなるし・・・。」と。

こういうところ、もしかしたら日本人とドイツ人(日本のシステムとドイツのシステム)の共通点だったりして。


沖縄からの家具は、「引越しの為に送った、中古の家具」を証明するために必要と思われる書類をすべて持参し、中身を開封して表記と違いのないことを確認して、無事支払いも無く通過。

よかった~・・・

でも、「この家具は、これから1年の間は絶対に売ったりしないように!」
と釘をさされたそうです・・・
だから・・・転売目的じゃないってば~!!!

あんな遠くまで行って待たされた挙句、高い送料払って(内容物と大差無し!)送った荷物にさらに関税なんてかけられた日には、もう、黙っちゃいられません!

少し前に日本人の演奏家がストラディバリウスをドイツの税関で没収され、おっそろしい関税額の支払い請求された問題があったけれど、ドイツ、甘く見てはいけません!

きっちりしてるのはいいことだけど・・・融通、という言葉は、ないのかもしれません・・・


しかし、届いた荷物にはいくつものダメージがあり、ああ、やっぱり日本のような丁寧な配送サービスは望むべからざる、との教訓も得ました。。。
(まぁ、国際船便の長旅だから、仕方ないのかもしれませんが。。。)


もうひと月、まだひと月。

これからどんな発見があるのかなぁ。

楽しみなような、ちょっぴり心配もありな・・・




すっからかんの、借り物テーブルと椅子に裸電球のお部屋。(キッチン)

f0204458_1443599.jpg

[PR]
by kamakuraecolife | 2013-01-26 01:47 | ドイツ生活
<< 繋がり。 ベルリンのbioポテト >>