ドイツ ホメオパシー事情

ホメオパシーといえばドイツ・・・?

ホメオパシーの理論を確立したハーネマンはドイツ、マイセン出身の医師です。

であれば母国、ドイツではさぞかしホメオパシーが盛んなのでは!との期待をしつつ、まだまだそこまで調査は進んでないのですが。。。


フランスやオランダでは、いわゆるドラッグショップなどでも、ホメオパシーのレメディ(といっても、風邪用、とか、頭痛用、とか、用途別にあわせてつくられたコンビネーションレメディ)が普通に売られていて、その種類も豊富でした。

さて、ドイツではどうなんだろう?

近所のドラッグストアを覗いてみたけれど、どうも「レメディコーナー」らしきものは見当たらず。

でも、一件、お薬屋さん「APOTHEKE」の看板と、「HOMOOPATHIE」の看板を併記しているところをみつけ、早速中へ。

f0204458_225375.jpg



聞いてみると、こちらシングルレメディーも扱っているとのこと!

オランダでは、薬局ではシングルレメディーの取り扱いはなく、専門のホメオパスの人にコンタクトをとらないと購入できない感じだったのだけれど、ようやくドイツで、店頭でシングルレメディーを買える薬局をみつけました。

とはいっても、こちらはアロパシーのお薬も扱う薬局なので、いわゆる普通の薬品も販売してます。

とりあえず、と言ってはなんですが、旦那さんが仕事のしすぎで肩こり首の痛みがあるというので、アーニカクリームでも・・・と思い、聞いてみました。

本来、肩こりにはアーニカよりラストックスとかの方があうはずなんだけれど、以前使っていたヘリオス社のアーニカクリームが、異常に効き目があったので、今回もアーニカで試してみようかと。

勧められたのは有名どころ、「ヴェレダ」社のアーニカクリームと、社名は見なかったけれど、少し安価な他社製アーニカジェル。

13.95ユーロ。

ちょっとお高めだけど、(といっても、日本で買えばもっと高い・・・)お姉さんは、これはとっても良いわよ、と勧めるし、試してみることに。

f0204458_2365177.jpg



ちなみに、もう一社のお品、後で覗いたドラッグストアで半額くらいで売られていた・・・

有名どころのbioの化粧品やレメディークリームは、残念ながらドラッグストアで探したほうが、お安くみつかるようです・・・

ヴェレダ、ドクターハウシュカ、ロゴナなどは、bioショップでももちろん取り扱っていますが、ドラッグストアではなぜこんなに?というくらい、安く売られているのを何度も目撃。

それにしても、ドイツは本当に、ナチュラルコスメも充実しています。


これからぼちぼち、ホメオパシーについても調査してみようかな。
シングルレメディーも、どんな形状で売られているのか興味深々。
とりあえず、手持ちがなくなるにはまだ時間がかかりそうだけど・・・
[PR]
by kamakuraecolife | 2013-01-18 02:49 | ホメオパシー
<< 2月、沖縄で大切なイベントがあ... ベルリン bioショップ >>