巫女さん?

数日前、ペルセウス流星群がピークとなった時、どうも私の周辺の”巫女さん”たちに、異変が起こっていたようです。

我が家に久しぶりに遊びに来た
”巫女さん”(・・・さて、この仲間たちをなんと称すればよいのか。本業は巫女さんじゃないけど、一歩間違ったら巫女さん的な・・・シャーマン的素質を持った人たち。中には本業の方もいますが。)
が、「ちょっと聞いて~、こんなひどい事が起こったのよ!」と、数日前にあった悲惨な話を披露してくれました。

そして聞くところによると、もう一人の”巫女さん”も、そしてその場にはいなかったけれど共通の友人の別の”巫女さん”も、同じ日に、ものすご~く悲惨な体験をしていたことが判明。

「これはきっと流星群の影響なのかしらね~。」と。

何かの分岐点をみせつけられたような、「闇」の存在を顕在化させられたような体験だったようです。

話を聞いていた私も、同じ時期に、なにやら肉体的にも精神的にも、異常な不快感を感じることがあったことに気付き、むしろその原因がはっきりしたようでスッキリ。


星の動き、天体の動き、そして月の満ち欠けに反応するのは女性ならではの感性かもしれませんが、こういった女の人の直感的な繊細な感覚を、何かもっと社会の仕組みというか、現実に還元できる世の中になるといいのにな~と。
いや、以前はきっとそうだったのでしょう。

昔読んだ本の中に、「ほうきに乗った空とぶ魔女伝説は実際にあったことで、遠い過去に人が空を飛ぶ技術を持っていた時代、女性たちは満月の夜、空を飛んで遠くの友人に会い、情報交換していた」なんてことを書いてあったけど・・・

なんかわかる気がするな~。


そして周りにいる、まだ未自覚の”巫女さん”たちも、何やら気付きのタイミングに来ているような。

女性は誰でももっているシャーマン的感性が、これからどんどん開いてくる時期なのだと感じます。

別の友人”巫女さん”卵は、「いま開くと日常生活が大変になるから閉じときなさい」といわれ、蓋をとじられちゃっているようですが。。。

私は”巫女さん”的感覚とは違うのだけれど”巫女さん”発掘センサーはめちゃくちゃ働きます(笑)
[PR]
by kamakuraecolife | 2012-08-16 19:02 | スピリチュある?
<< ノマド的 現実なのか、非現実なのか。 >>