エジプトそしてアセンション!?

ちょっと前から、なにやらエジプトがきてます・・・

ドランヴァロ メルギゼテクの「フラワー オブ ライフ」を、ついに真剣に読むタイミングが来てしまい、しばらくどっぷりと浸っていた影響も大だと思うのですが。

この本、以前から気になっていて、ちらっと手にしたこともあったけれど、
「だめだ・・・この左脳な感じは・・・今の私には無理・・・」と保留していた本。
しかも1、2巻あわせてけっこうなお値段になるし。
他の本に色々寄り道していたけれど、ただ、いつか必ず読むべき時がくるとは思っていました。

昨年あたりから、よし、今か!と思ってアマゾンへ行ってみたら、なんと1巻が在庫切れ。
この在庫切れの期間がけっこ~長くて、その間にあきらめモードになってました。

そうこうしていたところ、お友達の民ちゃんがセドナのシャーマンのツアーに参加することに。
「ドランヴァロも来るってよ。」

!そうか、今ってこと?

すぐにアマゾンをのぞいてみたら、なんというタイミング、数日前に1巻が再販されていた!


もう、読み始めたとたんに止まらなくなっちゃいました。
いや~、ドランヴァロさんすごい。

内容は、他の本なんかでも読み聞いた既知の部分が3割ほどだけれど、「ええ~、そうなんだ、そうだったんだ!」という目からウロコの話や、「それ、そこ知りたかった!」という内容も盛りだくさんで、神性幾何学の図形やらφやらπやら、サイン コサイン・・・普段使わない左脳がへとへとになる部分も読破して、はまってしまいました。

よく、オーラが見える人とか、アカシックレコードにアクセスできる人なんかが、その人の体とか、心の問題を視覚で感知していたり、その人の魂のルーツを見たりするのがいったいどういうもののかな、ってことも、納得。
神性幾何学。
マカバ。
イニシエートのサイン。(これは「マグダラの書」に書いてあった。)

それにしても、ドランヴァロさん一人の頭の中、人生に、これだけの、いえ、きっとこれ以上の知識と、そして体験がつまっているなんて、人間ってすごいな、と感嘆しきり。

ちなみに、本のなかに頻繁に登場する「スター・テトラヒドロン 星型二重四面体」、これを使ったワークなんかがあるのですが、実物ないとちょっとイメージしづらい。

「そうだ~、わたしこの形のペンジュラム持ってたのに、引越しの時以来、見かけない。なくしちゃったかな~」 と、残念に思っていたその矢先、

娘が、
「ママ、あの、私のテープ、ママがしまってあったやつちょうだい~」と、ある朝。

そこで普段開けない引き出しを開けたところ、そこにそのペンジュラムが!

まさに、ワークのページに突入したその日の朝の出来事でした・・・

このペンジュラム、オランダの老舗スピリチュアルショップで買ったのですが、いろんな形や石があるなかで、迷って迷って、えらんだクリスタルのスター・テトラヒドロン。

まさかここで役にたつとは・・・



そうこうしてるうちに、なぜか、そうだ、あの本も今読まなきゃ!と思い立ち、今まで保留にしてとっておいた2冊を同時に読み始めました。
「ハトホルの書」
「マグダラの書」

なんでこの3冊がセットなのか良くわからなかったのだけれど、読み終わって、その意味がわかりました。

エジプトか~、やはり。
秘儀参入者、イニシエート・・・


なんとな~く、つながりが見えた気がする。
自分にかかわることなのか、身近な人のことなのか、よくわからなかったのだけれど、昔から自分の夢によく出てくるシーン、

どこかの学校のような場所に通っているところ・・・

何かのグループとして旅をしていたり、避難?隔離?逃亡?していたりする夢。

イニシエート、魔女学校、なんだかずっと気になるキーワードだった。


そうしてるうちに、お友達と話していたとき、
「そうそう、私の友達にね、マミちゃんとおんなじ目をしてる人がいてね~、その子も魔女っぽいんだよ!」
とか、
「その目をしてる人、何人か知ってますよ。老若男女、みなさん、同じなんです。・・・あちらで、苦労されたんですよね・・・」などとわけのわからないコメントもらったり・・・

極めつけはセドナから戻った民ちゃんが、
「ね、『フラワー オブ ライフ』と、『ハトホルの書』と、『マグダラの書』もってたら貸して!」と!

なんで、セドナ帰りにいきなりこの3冊指定なの~!
・・・同じものをキャッチしたんだね、きっと。

そのメールが来た当日の朝、珍しく、家の窓の前の電線に鳩がとまって、鳴いていた・・・
鳩といえばエジプト、そしてハトホル・・・(これは駄洒落。)


そして、その後民ちゃんに会ってセドナで見た夢の話を聞いてひっくりかえりそうに!!

「なんか、プールみたいなとこに階段があって、そこに入ろうとするんだけど怖くなってはいれなかったんだよね~」

それ、それ、まさに「フラワー オブ ライフ」の中にあった、エジプトのイニシエーションの一つだってば!

民ちゃんは以前ハトホルとの繋がりを指摘されたこともあると言っていたから、これは、エジプトでのイニシエート時代の記憶なんじゃ?

・・・ワニの入ったプールのイニシエーション、失敗したんだね~(笑)

他にも、エジプトのイニシエーションに似た体験をして戻った民ちゃん。
やっぱり~。そうだったんだ~。なんて(笑)

そして私も、幼稚園のころになぜか、後頭部がなが~いおじさんのイラストにはまって、(多分、福禄寿か何かの絵をみたのか?)いつもいつも、後頭部が長いひとの絵を画用紙に描きまくっていた時代が。

ハトホルの人たち、後頭部長いんだそうです。3次元的なかたちをとると。

ちなみに、民ちゃんがお土産に「フラワー・オブ・ライフ」のステッカーを!
いや~ん、こういうの欲しかったの~。
本読んでるのしらないのに、キヤッチしてくれたんだ~。

さらにさらに、ちょうどドイツ出張から戻った旦那さんが、
「ホテルの近所にエジプトの博物館があって、そこでマミコにそっくりなレリーフ(銅像?)みつけたから、写真に撮ってきたよ」

と。

そう、昨年地元のお祭りで「福禄寿」のお面を掛けて行列に参加した旦那さん。


エジプト
ハトホル
マグダラのマリア
福禄寿・・・


いったい、みんなどこのソースにアクセスしてるんでしょう?
それぞれ何のエジプト情報もシェアしていないのに。
次はエジプトツアーにでも行く?

いえ、行く必要はないんです。(笑)
ハトホルさんたちがおっしゃってます。

「今日では、イニシエーションを体験しにエジプトなどの地に赴く必要はありません。
あなたが肉体を持ちながら人間関係や仕事や精神的・霊的探求でぶつかる試練こそ、高次意識にいたるための試験、つまりイニシエーションにほかならないのです。」

私たちは選んで、この大変な時期に地球に生受けているということ・・・
日々、イニシエーション真っ只中なそうですよ。
わかるな~。。。



「ハトホルの書」、これは是非、読んでみてください。

なんだか、とっても近い感覚でありながら、愛と、静謐としたエネルギーがひしひしと感じられる本です。
さらっと流し読みでもすばらしいフィーリングを感じさせてくれる本ですが、じっくり読み返すと、その一行一行に気付きのためのメッセージがちりばめられている、珠玉の書です。

ワークも難しくなく、すぐに取り組めるものばかり。

自分がずっとここしばらくフォーカスしていたグラウンディング、呼吸法、メディテーション、そのことの意味、本当の必要性に、改めて気づかされました。

ちなみに、改訂版にCDついてますが、これ・・・寝入りばなにワークしながらうとうとしてたら、すごいものを見ちゃいました。


「マグダラの書」については、ぱっと読んだだけだと「性魔術」的な話と誤解されることもあるかもしれないけれど、これもまた究極です。

人が肉体と感情をもち、生きていくということの意味、生命に男性性と女性性がそなわっていることの意味、人間という種族がこれから向かう場所はどこなのか、とっても示唆に富んだ書です。

イエス(イェシュア、という名前のほうが、ここではしっくりきます。)とマリアの、知られざるストーリー、ホントかウソか、という次元の話ではなく、人の心に何かを響かせ、気付かせてくれるメッセージだと思います。

映画「ダ・ヴィンチ・コード」、この本読んでから見たらまた違った印象だったかな。。。
あ、ダ・ヴィンチ!だからこの3冊だったのか!
(今ごろ気付いた。。。)


しかも数日前、私の前世となにかしら強い因縁のある土地、長崎を数年ぶりに訪れたばかり。
クリスチャンか・・・殉教か・・・オランダか!?
とにかく、何かの記憶とリンクする場所。

シンクロしてるな~。最近また特に。


いわゆるスピリチュアル系というか、その手の本は相当読み漁っていましたが・・・
今回ようやく機が熟して出会えたこの本、今の私にとって、今自分が何をすべきかとか、今の状況を俯瞰してみせてくれる、大切な道しるべとなってくれました。

人生の中でまた、こんな時間に出会えたことに感謝。



追記・・・・


鎌倉に戻ってきて、早速旦那さんに、ドイツのエジプト美術館でみた、「私に似てる像」の写真を見せてもらおうと思ったら・・・

なぜか、データから、その写真だけが消えていた・・・

前後に撮った写真は残っているのに、その銅像の写真だけが。


そして数日前、家の寝室のクローゼットの上に1枚のしおりが置かれているのに気付き、手にとってみるとエジプトの壁画の絵がプリントされたものでした。

沖縄引越しの際に、そのクローゼット周辺の荷物はほぼ片付けてしまっていたので、なんでここに1枚だけしおりが残っていたのか・・・?
しかもまたエジプトときた。

裏面をみると、「ルーブル美術館」の表記。

ルーブルに行ったとき買ったのかな?とすると、15年以上前か・・・?

そして、その絵のタイトルをみると・・・

「ハトホル神とセト王の・・・」!!!

最近になってハトホルの名前を聞くようになるまで、エジプトの美術の中で「ハトホル神」の絵は見たことないと思っていたら、、、うちにあったの~!
それも、随分前から・・・いらっしゃったんですね。

しかもこのタイミングで再会ですか。。。

ハトホルさん、これは単なる偶然なんでしょうか?
[PR]
by kamakuraecolife | 2012-07-22 19:10 | スピリチュある?
<< 現実なのか、非現実なのか。 スペシャルイベント@鎌倉 >>