また旅にでます。

鎌倉生活最後の日は、とっても素敵なお天気でした。

いつもの見慣れた由比ガ浜の景色をみながら、本当にここを離れることになるなんて、まだ実感がわかなかったけれど・・・

娘を自転車の後ろに乗せて通った134号線沿いの歩道。

いつのまにか自分で自転車をこいで通えるようになった娘の背丈は、もう私の半分を越えてました。


幼稚園の卒業式、ものすごい恥ずかしがりやの娘が、ステージで卒業スピーチをするなんて、2年前は想像もできなかったけれど・・・

途中で泣き出してしまい、「ああ~、やっぱり~しんどいよね~。」と思ったけれど、泣き止んで最後まで頑張った。

おっきくなったね。


沢山のお友達と、沢山の素敵な思い出のある鎌倉のまち、

どうか、みんながずっと笑顔でいられるまちでありますように。


私の人生はいつもいつも5年単位で住む場所が変わるのが常だったので、10年住んだ東京と、3人家族になって7年過ごした鎌倉は、故郷のようなものです。

また、しばらく旅に出るようにでかけますが・・・

故郷の海が美しく輝いている風景を、心に刻んで。


f0204458_22465215.jpg


f0204458_2249410.jpg


f0204458_22522160.jpg

[PR]
by kamakuraecolife | 2012-04-15 22:54 | 日々・・・
<< 大人が語るべきこと この国はどこへ向かっていくのだ... >>