人気ブログランキング |

命あるもの

私たちが生きているように、
地球も生きている。

私たちに意思があるように、
地球そのものにも意思がある。

地球が、私たちに伝えようとしていることばに真摯に耳を傾けてみたならば、
今、自分たちが何をしなくてはいけないかというメッセージは、
きっと、誰の耳にもはっきりと届くはず。


アメリカ国内の2カ所の原子力関連施設に洪水や山火事が迫る 警戒続く
フジテレビ系(FNN) 6月28日(火)12時56分配信

アメリカ国内の2カ所の原子力関連施設に洪水や山火事が迫り、警戒が続いている。
ネブラスカ州にあるフォートカルフーン原発では、近くを流れるミズーリ川のはんらんにより、26日、施設内部に水が流れ込んで電源が一時失われ、非常用の発電機が作動した。
原子力規制委員会のヤツコ委員長は「現時点で、この原発周辺の住民が緊急避難しなければならない理由は、まったくない」と述べた。
この原発は、燃料補充のため停止中で、現地を視察した原子力規制委員会のヤツコ委員長は、「危険性はない」としている。
一方、ニューメキシコ州では、核関連の研究などが行われている「ロスアラモス国立研究所」の近くで、26日、山火事が発生し、研究所の敷地の一部にも延焼した。
敷地内の火は消し止められたものの、研究所は、非常事態に対応する最低限の人員を残して、一時閉鎖した。
当面、放射性物質などの有害物質が漏れ出す危険性はないとされているが、付近の住民1万2,000人が避難した。
最終更新:6月28日(火)12時56分


伝説の中で語られてきた、
「火と水による浄化」とは、
何の事なんだろう?

まだ、本当に気づいていないのでしょうか?


「危険性はない」

その言葉を聞くたびに、
福島で繰り返されてきた、
そして今も繰り返されている、
人の命よりも大切なものが存在すると思い込んでいる人々の、
暗い心の影の投影が、まだ世界中から消えていないことを、
はっきりと意識させられるのです。


地球上に存在するものは、すべて命を持っているということ。

命あるものは、みんな繋がっているということ。

起る出来事には、すべて理由があるということ。
by kamakuraecolife | 2011-06-29 01:42 | 原発のこと
<< 沖縄&石垣旅行 ①再会 夏至の日は。 >>