人気ブログランキング |

ひとつひとつ、山をこえ。

避難するか、しないか。

このことは、今だ私の周辺でも、地震の余震のように、くすぶり続けている問題の一つです。


このブログを読んでいただいてる方から、そして周りの友人から、

「どうしたらいいと思う?」

ということを何度か聞かれました。


私は、その都度、自分の頭の中を整理し、自分自身に確認するのですが、
やっぱり、今の私の正直な気持ちは、

「わからない」

としか答えられないものなのです。


きっと、それぞれの人、それぞれの家族が違った状況の中、どうすることがベストなのかを真剣に考えていることだと思います。

私も震災直後は、避難する以外に選択肢はないのでは?
と、切羽詰まった気持ちでいました。

でも、九州で1週間過ごし、鎌倉に戻って来て、感じたこと、

それは、

「今の自分にはこの場所にいて、できることをやるのがベストなんだ」

ということでした。


放射能のこと、余震のこと、津波のこと、
決して楽観視しているわけではありません。

停電こそ免れているけれど、我が家は海の真ん前、古い家なので、耐震性など期待できないし、報道されない放射能汚染の事実について、自分なりに色々な情報を集めて日々過ごしています。

個人的には「大丈夫だ」と言っている政府の発表や、そういう意見の人よりも、
「危惧すべき状況」だと判断している人の意見の方に信憑性を感じるし、状況が可能ならば、子どもだけでも避難しているほうが、今の時点ではいいにきまっているじゃないか、とも思ったりします。


でも、我が家の事情から、今そうすることはできないという現実があること、

旦那さんは会社での責任がある。

子どもは、大好きな学校が始まり、通う事、友達に会う事を何よりも楽しみにしている。
まだまだママっ子なので、私と離れて生活することは、まだ酷な年齢。

そして、自分には、鎌倉にいてやりたいこと、誰にも頼まれた訳じゃないけれど、やらなきゃいけないことがある、

だから、今、家族にとって、これがベストな選択なのだと、腹をくくって今は生きていこうと。


それに、いま日本中、どこにいても100%安全といいきれる場所はないんじゃないかと思う部分もあり、万が一、家族がばらばらになっているときに何かが起ったら、その方が・・・

いや、そんなことはない、絶対にあってはいけない、と思っているけれど、やはり心の片隅では、これまで自分が知ろうとしていたことの結論は、決して今がゴールではないということを、示しているじゃないかと。。。


これは誰もにとっての答えでないことは重々承知しています。
きっと、誰の参考にもならない、私だけの極論です。

だけど、今の自分が思う事、

やっぱり、自分は「何の為に生きるのか」ということを、震災の後につきつけられたんだと思っているのです。

今まで、地球環境のこと、原子力発電の事、ゆるゆると「できる範囲で」勉強し、細々とやってきたつもりだったけれど、そんなものが何の役にもたたなかった、ということを今回思い知らされたのです。

人生の折り返し地点にたっているかもしれない今、私はどこに逃げても、この「やり残した」ことの大きな後悔から逃げる事はできない。

もう、今ラストスパートかけなくてどうするの?

自分が、何の為に生まれて来たのかを自問自答したとき、やるべき宿題が全然終わってないじゃない!ということに愕然とするのです。

もしも私が、「今の危険を回避しながら何か建設的なことができる」環境にいれるとするならば、それは選択肢の一つになるでしょう。

でも、今の時点ではそうではない。

だから、ここにいて、今できることをせいいっぱいやる、

それが、自分の今のベストな選択だと思っています。


ただ、もしも状況がこれ以上悪化することになれば、意固地に執着しようと思っているわけではありません。

自分一人なら、最後まで居座る、そんな選択もあるかもしれない。

でも、守らなくてはならない子どもがいるのだから、こころのどこかに、常に迷いがあるのですよね。


だから散々、子どもにとって、ベストな選択は何なのかを考えていました。

お父さんとお母さんと離ればなれになって暮らすこと、それがさほど苦にならない、自立した子どもたちだっているでしょう。

でも、うちの娘には、まだ無理でしょう。。。

そして、やっぱり、できることなら家族は一緒がいい。


判断は、本当に難しいことだと思います。

でも、自分と家族がベストな状態でいられる場所があるならば、一時避難ももちろんあるだろうと思います。

それを決めるのは、もう、自分以外にはないのです。


究極的には、自分自身しか答えを出せない、そのことを、忘れない事。

誰も、責任をとってくれるわけではありません。

私たち全員が、「どのように生きるのか」という究極の問いを突きつけられているこの今を、後悔のないよう、生かされている事に感謝して、日々を大切に過ごす事、
そこから自然と答えが出てくるのではないかと、そう思うしか今の私にはできないのです。。。

このことによって生じる、例えば家族の中での問題だとか、会社の中での問題だとか、それに自分がどう対処するのか、それは今まで曖昧にしてきた自分自身の気持ちと、対峙しなくてはいけないのだという・・・
厳しいけれど、この山をいまこえて行きなさいというメッセージとしてうけとるしかないのではないかと思うのです。。。


私なんかの意見を聞いてくださったかた、なんの解決にもならない答えしかできずごめんなさい。

でも、私たちはこの困難を乗り越えてこそ、新しい未来をつくっていけると思うのです。

自分にとってのベストを尽くしましょう。

私もまだまだ、神様からの難題に、へこたれず頑張っていこうと思います。
by kamakuraecolife | 2011-04-06 03:13 | 東日本大震災
<< 鎌倉「imagine原発のない... 4月11日の祈り >>