人気ブログランキング |

視点を変えると。

この間お友達と、いつものようにとりとめのない話で盛り上がっていた時。

「いや〜、もう、こんな悩みなんて、宇宙レベルでみたらちっっちゃいよね〜。」
「チリだよチリ、宇宙のごみ〜。」

なんて二人して大笑いしていた。


そのちょっと後に、個人的に余りよろしからぬ出来事があり、
最近、あんまりそんないや〜な気分になることもなかったから、
その自分の感情に結構驚いたりもしたのですが。。。

結構「が〜ん」という衝撃だったので、気分も一気に急降下。

「うわ〜、なんか、やだな、この感じ」と、洗濯物を干しながら、かなり動揺していました。

悪い想像は悪い結果を想定する。。。
悪循環の思考。。。


その時、ふと、頭の中にあの言葉が蘇ってきたのです。

「宇宙レベルでみたらさぁ・・・」

・・・その途端、思わず、「ぷっ、」と、吹き出してしまったのです。

自分の深刻なシチュエーションが、なんだか他人事のように、笑えてしまったのでした。


広大な宇宙空間に浮かぶ、小さな惑星地球。

そのまた小さな地球に、アリンコのように生きている私。

そんな私のちっぽけなこだわりなんて、宇宙空間の広大さの中では、とるに足らないチリみたいなものだ。

そう思った途端、なんだかそんなことに気をとられていることが、ばかばかしく思えたのです。


今までも、いやなことがあると「世界中には私よりも、もっといや〜な目にあってる人だっているんだから・・・」なんて、自分を励ましたりしてたこともあったけど、

比較の対象が「さらに悪い事」よりは、

「比較の対象すらも存在しない」

くらいに考えたほうが、さっぱりするんだな〜、ということに、
今更ながら改めて気づいたのでした。


ほんの3分前には、

「ひえ〜〜、ショック〜〜」

と、冗談じゃなく、地に落ちていた自分の気分が、
突然、目の前の快晴の青空のように澄みわたってきたこの素早い変化に、

「我ながら単純。。。」

と思いつつも、なんだかやけにすっきりして、気分も晴れ晴れ。

「悩んだところでしょうがねぇ〜♪意味がねぇ〜♪」


これは使える。

あの時さらに、仲良しのお友達とネタにして笑った、っていう、そのシチュエーションも良かった。

ちょっといやな事があっても、頭の引き出しにある、

「宇宙レベルで・・・」

って言葉とあの笑いが出てくれば、
気持ちがかたくなにちぢこまらず、するり、とほどけていく気がしたのでした。。。


そして今日も早速。

「ねぇ〜、この部屋の片隅のちらかりはいつ片付くのかねぇ・・・」
と家人にチクリ。

私の一番言われたくないツボの一つなので、

「そんなことわかってるよ〜!だ、け、ど、ね!!」と、とりあえずは反撃。

でも、ふと、「あ〜、こんなことにイラっとしてる自分、ちっちゃ〜・・・」
そう思った途端に、
なんだかどうでもよくなっちゃった。

(あれ、ここでどうでもよくなっちゃ駄目なのか!?反省すべきところ・・・?)

まぁ、何事も流していければいいのです。きっと。

人間は水。思考も水のようなもの。

止まって淀むよりは、さらりさらりと流れていきたいな、と。


何よりも、想像の中で宇宙空間の視点から、地球、そして自分を見下ろしてみると、こんな〜にちっちゃくて、ちまちま生きていて、なんて愛おしいことかと愛情すら感じます。


今日もそんなちっぽけな自分の、ちっぽけだけど、素敵な一日でした。

お友達に、家族に、感謝。
by kamakuraecolife | 2011-03-11 01:23 | 日々・・・
<< 東北・太平洋沿岸地震 パーマカルチャーワークショップ① >>