パーマカルチャーワークショップ①

先月から、葉山の先、子安の里で行われている、「パーマカルチャー・ガーデン作り」のワークショップに参加しています。

詳細はこちら


パーマカルチャーという言葉を初めて知ったのは、かれこれ10数年も前のことですが、興味はありつつ、なかなか実践まではたどり着けずに今日まで来ていました。

ようやく、このタイミングで!

将来の就農にそなえて(!?)勉強の機会だわ、と。


1回目は間に合わなかったので、1月の2回目からの途中参加です。

今回は、1月のワークショップのご報告。


現場はすでに、こんな棚田・・・もとい、棚畑(?)の基礎が完成していました。
f0204458_19879.jpg

f0204458_112071.jpg



そして今回の私たちの任務は、というと、、、
(トランジション葉山ホームページより。)

☆1月のワークショップの内容☆
 1月作業内容は下記の通りです。
 ・前回の続きで畑の棚&土留め作りの続き(いかに斜面の上からの栄養分を畑にとどめるデザインをするか)、
 (畝作り、杉の端材、竹による土留め作り)
 ・肥料を使わない土作りの基本を実践で学びます
 耕作しない不耕起の2つの方法(マルチとHugelkulturというウッドチップを使った土作り)  
 ~ 有機材の層を土の上に重ねていくことでゆっくりと時間をかけて分解し土の微生物の餌となるのです



というわけで、全員で周辺の山の中から、枝や落ち葉を大量に収集!
f0204458_1194854.jpg


唯一の子ども参加だった娘も、大はりきりで、山の斜面を行ったり来たり。
f0204458_12356100.jpg


こんな大きな枝も!(いや、幹かな?)
f0204458_1254736.jpg


そして、
がしがしと掘った穴に投入!
f0204458_1274468.jpg


最後は大量の落ち葉を重ねて、できあがり。
f0204458_1295132.jpg


これはかな〜り、いい運動になりました。。。

久しぶりに使わない筋肉を使って、汗をかき、落ち葉の匂いを嗅ぎ。

子どもにとっても、すごく特別なイベントになったようです。
大人に混ざってのお手伝い、自分にも何かできる、ということが、本人の自信になったようで。。。

坂道で見事に転んじゃった時も、いつもなら泣いちゃうところなんですが、

「私すごいよね、ころんだのに泣かないよ!」
と、鼻息荒く、自慢げに。

人見知りもすっかり忘れて、誰彼とお話し相手をつかまえ、大満足の様子。。。
(お相手にさせられてしまった皆さんには、ホント恐縮です〜。)


次回はこの土に、お芋を植えたりするそうです。

自然の中での活動は、本当に気持ちがいいな〜、と、久しぶりに体感しました。

次回がまた楽しみです。
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-02-28 01:49 | 農 
<< 視点を変えると。 お洒落と健康は足元から。。。 >>