人気ブログランキング |

自分の街に原発があったら。

今朝のニュースにありました。

毎日jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110201-00000027-maip-int


産経ニュース


原子力発電所の危険性については、これまでも色んな個人や団体が警告しています。

私の世代の人たちは、チェルノブイリの事故を覚えている人も沢山いるでしょう。
柏崎狩羽原発の事故もつい最近に起った事です。

でも、どうして国内で「原発反対」という声は余り聞こえてこないのか。

そういう、日本社会の仕組みが「何か変なんじゃないか」と、気づいていない人が未だに大多数で、それは、実は「気づかないようにさせられている」ということなんだ、ということに、多分多くの人が気づき始めている(はず)。


私もつい最近までは、「原発」の問題は余りにも自分の手に負えないことなんじゃないか、とか、
近所にある訳じゃないから、今すぐどうこう行動を起こさなくても。。。

なんて、ついつい後回しにしていた、というのが本当のところです。


だけど、色んな生活に関するecoを自分なりに考えていくと、結局行き着く先は
「エネルギー問題」にぶつかってしまうのです。

いくら環境に対する負荷をへらす行動をとろうとしても、今の実際の生活の中で「電気・ガス」を使わずにやっていく、というのは、かなりの覚悟と初期投資が必要なのが現状。

そんなジレンマの中でとりあえず「電気・ガス」の使用量を極力減らす方法を、自分なりに実践はしていたのですが。


でも昨年、鎌仲ひとみ監督の、

「ミツバチの羽音と地球の回転」
http://888earth.net/index.html

を見てから、
もうこれは他人事ですまされないんだ、という事を、強く感じたのです。

 
 そのことについてはこちら

 予告編も是非!


だから折に触れ、いやがられない程度に(多分。。。?)、この「原発」のことを周囲に話し始めたところ、自分が思っている以上に、「知らない」人が多かった、ということに、多少の驚きを感じたのでした。


山口の上関原発での、若者たちのハンガーストライキ、私の知る限り、メディアで取り上げられた形跡はありません。

(考えなくてもわかることですが、電力会社がスポンサーで関わっているようなメディアが、取り上げるはずもない出来事なのですが。。。)


みんなが耳にしたことのある原子力発電所の危険性、

①日本は世界で有数の地震の起りやすい土地であること

②工場の放射性廃棄物の処理方法が確立されていないこと

③人為的ミスでとんでもない事故につながるということ


(本当はまだまだあるんですが、)でも、そう、これだけじゃないんだってことを、この事件でまた突きつけられたわけです。

原発は、攻撃の対象ともなるということ。


社会情勢の不安定さは毎日のニュースをみていればはっきりとわかります。
尖閣諸島のニュースで、私たちの国土にも火種が存在することをはっきりと見せつけられました。


私たちは自国に地雷のような危険なものを、これからいくつも埋め込んでいくつもりなのだろうか?

たとえ日本自体が攻撃を受けなかったとしても、近くの国でこんな事態が起ったとしたら、後々の影響だけでなく、リアルタイムで影響を受ける可能性だってあるのです。


そしてそしてロシアは、あのBP社と組んで、北極海の油田開発を進める事を発表。

地球を空っぽにするまで、石油を摂り尽くすつもりなのでしょうか?

アメリカのあのような事故が、絶対に起らないという保証はどこにあるのでしょうか??


でもどうか、これが自分の手に負えない事だとは思わないで欲しいのです。


「自分の街に原発があったら」、自分がどういう行動をとれるだろうか、ということを、みんなが考えるようになれば、地域が、社会が、そして国が変っていくということ。

きっと、こんなシンプルなところからのスタートでいいんじゃないでしょうか。


エジプトで起っているあのデモだって、現状を変えなくてはと思った一部の人たちの運動から始まったことでしょう。

暴力や、デモを肯定するつもりはないけれど、私たちにもこの国の現状を変える、平和的方法があるはずです。

私もできるだけ、そのための勉強と、ちいさな歩みを進めて行きたいと思っています。

しつこいですが(笑)、是非この映画を見てくださいね!


by kamakuraecolife | 2011-02-02 13:11 | 原発のこと
<< 新年。 旧暦の新年が明けると。 >>