夢日記

最近、やたらと夢見がいい。

毎日毎日色んな夢をみるのだけれど、朝になってもけっこう覚えていることもあるし、
風景やストーリーだけじゃなく、夢の中で話した内容とか、メッセージみたいなものが強烈に頭に残っていることもある。

昼間でも、ふとした瞬間に、昔見た夢の一場面が頭に浮かんでくることがあったりして、「あ〜、あそこね、夢で行った場所なんだけど、どこなのかなぁ。リアルなんだよなぁ、知ってる気がするんだけど。。。」と、その風景が夢で見たものというより、実際「行った」場所のように気になって仕方なくなったり。

これは、年末にアムスのヘンプもくもく通りにある、老舗の「精神世界本&グッズ」のお店で買ったユーフォーキャッチャー、、、じゃなくて
ドリームキャッチャーのせい?

どうやら、これは本当に効くような気がするのですが。。。


もともと夢をよく見る方なのかな?とは思っていたのだけれど、夢というものをすごく意識するようになったのは、大学生の頃。


当時一般教養で興味のあった心理学を選択していたのですが、その時の先生が、

「あなたたち、夢日記つけてごらんなさい。」

と言った言葉を素直に聞いて、いつも枕元にノートとペンを置いて寝るようにしてから始まった、一連の不思議体験がきっかけでした。


この「夢日記」、ホントに危険ですよ。

このおかげで私は変な体験を色々しちゃったし、なんとなく、「夢」というモノの意味がわかったような、、、?


不思議体験の中でも一番強烈だったものの一つは、
ある晩突如訪れた、「これはまるで自動筆記!?」体験でした。


寝入りばなだったのか、完全に起きているときだったのかは忘れてしまったのだけれど、突如頭の中に、というよりも、頭の上から、ざぁぁぁぁ〜と、映像とストーリーが降りて来て、あわててそれをノートに書き留めた、というものです。

時々、小説家の方なんかが、考えて書いてるんじゃなくて、「降ってくる」なんて言っているのを聞いたりしますが、ひょっとしたら、こんな感じなのかな、というくらい、どこか自分以外のところから、それも「上」から、だぁ〜っと、イメージが一気に降りてくる。。。

ちょっとまった、ちょっとまった、という感じで、目を閉じたまま、その「降りてきた」ものをノートにばばばば、と書き留めた、

その内容が。

残念ながら、私は作家でもなく、文章が上手な人間でもないので、それを上手く言葉で書き留めることができたとは思えないけれど、10年以上経った今でも頭のなかに、はっきりとその映像とストーリーが残っています。

そのストーリーはというと、

まるでSF映画。

現実離れした話なんだけれども、まるで近未来というか、遠い未来の自分自身の体験のような、リアリティがあったのです。


それは人類の未来のストーリーでした。



西暦○○○○年

環境破壊(もしくは戦争による荒廃?)の進んだ地球はすでに一部にしか人類が住めなくなっていて、透明な巨大なドームのようなものに囲まれた空間に、超超高層ビル群を建て、生き残った人間たちが暮らしています。


政治家たちは宇宙人と契約をし、破壊された地球の自然を回復するための援助を彼らに頼み、その間に、人類の子孫を増やすための完全管理されたシステムを作って、すべての人間たちをコードナンバーでコントロールしています。

私はその超高層ビルに住む、一人の男性。
私の役割は、政府の計画に沿って、人類の子孫繁殖に貢献すること。


ある晩、スケジュール通りに一人の若い女性が部屋にやってきます。

コードナンバーでその女性の身分を照会したところ、同じDNAコードを持った「身内」だということが判明。

管理システムのミスということが発覚するのですが、私はコントロールセンターに「こんな杜撰な管理でどうする!」とクレームをつけつつ、
「やはり自分たちがこんな道を選択したのは誤りだったのでは、」と、人類の未来、自分の将来に暗澹とした思いを抱きます。

ドームの外にある、荒れ果てた土地は、本当に回復するのだろうか。
いつかこのドームの外で再び暮らすことができるようになるのだろうか。

政治家たちは本当に、あの宇宙人たちと計画したすべてを、自分たちに語っているのだろうか。
私たちは、騙されているだけではないのだろうか。。。?


そして本当ならば、管理センターに送り返さなくてはいけない、その「孫娘」にあたる若い女性に、

「せっかくだから今夜は、君が生まれるまえの地球がどんなに美しい場所だったのか、昔話を聞かせてあげよう」

そう言って、遠い昔の懐かしい、地球の思い出を語り始めるのです。。。


The End



話の内容だけでなく、ドームの中の風景や、ドームから見える、巨大な「月」のような惑星の表面とか、超高層ビルの間にたなびく霧のような雲の動きとか、窓からの風景とか、、、

とにかく何から何までリアルなので、完全に映画か何かで「観た」のか、自分が実際に「体験した」もののようにしか感じられないのです。


ただその時は、「は〜、なんだか面白い夢みちゃったな、いったいどこからこんな話思いついたんだろう。」なんて思っていたのですが、

その後に起った別の体験も相当に強烈だったので、それ以来、「ちょっとこのまま続けてるとやばいかも。。。」と、怖くなって夢日記は辞めました。


それから十数年後、現在です。

ちょっと前に夢で目にした「文字」の謎解きがとんでもない発見になり、この数ヶ月、なんだかかなりディープなところに踏み込んできた感が。

単に「五次元文庫」読み過ぎか!(笑)

それに関連して、この「夢」の意味付けも、変ってきたのです。

あの時は「未来」と思っていたけれど、これはもしかして「過去」なのかもしれない、と。
もっと言うと、あの夢は「あの瞬間の現実」だった?


あの当時の経験から、実感として、現実がコインの「表」ならば、夢はコインの「裏側」だという気がしていたのだけれど、、、

今はコインの「裏側」という表現は間違いで、「両方が表」なんだと。

あれ、私大丈夫?(笑)

でも、点と点が繋がるというか、未完成のパズルのパーツがうまっていくにつれ、
全体像がだんだんとはっきりしてきて、

「あー、あれってこういうことだったのか!?」

という、謎解きの答が近くまで来ている感がする今日この頃。。。


抽象的な話でまだるっこしいですが、私と同じようなこと考えている人がきっと沢山いるはず。

私も、もうちょっとしたら、今よりもっと理解できるような、そんな気配がしてるのですが。


なので、結論。

「夢」をあなどってはいけませ〜ん。



隣で旦那さんが寝ていない人は、夢日記、どうぞ試してみてください。
慣れると夢見てる最中に、起きてる意識もキープできるようになります・・・
(って、これ、もしかして明晰夢の技術じゃ!?)

夢日記が無理ならば、ユーフォー、じゃなくて(しつこい!でも近い!?)
ドリームキャッチャーを枕元に。


眠りに落ちた瞬間に始まる冒険は、テレビで見るドラマや映画より、もっともっと不思議で面白い世界をみせてくれるかもしれませんよ。
[PR]
by kamakuraecolife | 2011-01-23 00:13 | スピリチュある?
<< ミライノワカモノ 「祈る」ということ。 >>