3度目のブラウンズフィールド。それから。

8月28日に、千葉のブラウンズフィールドで「green parents party」という面白いイベントがあったので、家族で行ってまいりました。

これでブラウンズフィールド3度目。

しかも短期間のうちに。(前回は1週間前でした。)


今回のイベントは、バリのグリーンスクールの記事の検索がきっかけで出会った「greenz.jp」のサイトで知ったのですが、開催場所がブラウンズフィールドだし、後で知ったのですが、参加者にも知人がいるし、う〜ん、これは単なる偶然ではないぞ、という匂いがプンプン。

案の定、前日に千葉に乗り込んだ時から「!」的な出来事がぞろぞろ出てくる出てくる。


まずは今回の宿泊先に決めた「中滝アートビレッジ」についた時。

敷地を案内してもらいながら、「あれ!?私ここ知ってる!」と突然記憶が蘇って来たのでした。


そうそう、あれはちょうど15年ほど前。

私が小笠原に行ってイルカに会い、エコロジー的なことに感心をもち始めた時期でした。

今の自分のベースみたいなものが出来始めた頃。

その小笠原の後にフロリダの「ドルフィンリサーチセンター」という施設の旅行で知り合った通訳の女性、Kさんがこの「中滝アートビレッジ」の前身であった、一風変わった社会人対象のアウトドア系?セミナーを運営する会社の社員だったことがきっかけで、友人たちとここでそのプログラムに参加したのでした。

(しかも、2日前に家の掃除していたら、偶然にもそのイベントに参加した時のメンバーの名簿が、出て来たのです。15年ぶりに。。。
みんなどうしてるかな〜、なんて思っていた矢先ですから。)


「うわ〜、なつかしい〜」

敷地内の設備は多少変化はありますが、要所要所に当時を彷彿とさせるものが。

「あ〜、これこれ、このロッククライミングの岩によじ上ったよ〜、でも、本当に大変で、身動きできなくなって、泣いちゃったんだよね〜」なんていいながら、よじ登るまねして記念撮影。

すると、後ろから「トントン!」という音が。

「あれ〜〜〜〜!なんでここに!」

背後に建っていたお家(現在のアートビレッジのオーナーさん宅)の窓から、びっくり顔のcocoさんが。

cocoさんは同じ鎌倉に住んでいて、エコとかオルタナティブ系?なイベントの企画やら主催やら、とにかく活動的な人で、私たちは直接お互いの事あまり知らないにもかかわらず、イベントやら道ばたで良く会うものだから、多分cocoさんは私のことを「同じジャンルに興味のある人なんだな」という認識をしているのではないかと。勝手な推測。
あ、でもほんとに、へみたいな私とちがって、彼女はすごい人です。

というわけで、今回も同じイベントに参加(もちろん、cocoさんは主催者側ですが)ということでの偶然の出会いでした。


そしてそして、15年前、代々木上原でのデコさんのマクロビオティックのワークショップを私に教えてくれたのも、同じくその通訳の女性Kさんでした。

それがきっかけで、なんちゃってベジタリアンから近所の東北沢のオーサワジャパンに流れ着いて、現在に至る。。。

おまけに、初めてのヨガも、ここでそのKさんがレクチャーしてくれたんだった。。。

今の私のルーツがなにやら千葉に結びついている・・・?のかなぁ?


翌日のブラウンズフィールドでのイベントでも、また当時のイルカ関係で接点のあった知人の奥さんにお会いしたりとか、

旦那さんはついに?エバレットさんに対面し、これがまた意気投合したもようでなんだか二人楽しげに語りあい、どこかへデートに・・・?
他の人からはまた「似てる二人がなんだか並んで話してるね」と言われてみたり。。。

(前前回来たとき、旦那さんはスタッフの方やお客さんにエバレットさんに似てる〜、と指摘され、しかもグリーンスクールのご縁もあったり、さらにはこの日、この二人にも何やら笑える偶然が起った様子で。)

フォトグラファーとアーティスト、そしてデトックスやら瞑想やらにやたらと詳しい二人。
何かと共通項が多かったみたいです。
旦那さんはエバレットさんの人柄を絶賛してました。
いや〜、あの表情が物語っていますよね。。。

デコさんとエバレットさんが出会ったことで生まれたこのブラウンズフィールド、これだけ人を引きつける場所を作り上げたこのお二人は、本当に希有な存在です。
どれだけ沢山の人がこのお二人の影響をうけたことでしょう。


そして、現在ご両親の後を継いで?ブラウンズフィールドのオーナーとなっている娘のシネマさんのご主人も、小笠原でインストラクターをしていた方。


小笠原

イルカ

マクロビオティック

代々木上原

バリ

そして、千葉いすみ市。

そしてそして、Kさん!(今はいずこに〜)


なんか、これキーワードですね〜。

これに反応する人、是非メッセージください(笑)なんて。


なにはともあれ、色んなご縁を感じつつ、沢山の人たちが同じ目的でこの場所に集まり、子供たちのこと、未来のことを考えるイベントを企画してくれた人たちに感謝!

今回のイベントの発起人、小野寺さんは逗子在住。
私の昔からの夢でもある、「ピースボート」のお仕事しているのです。
すごいな〜。
いつか乗ってみたい、ピースボート。

沢山の家族に出会え、自分もここに参加できたことで、とてもいい刺激をうけました。

ゲストでいらした北澤蓉子さんの「やかまし村」のお話も、とっても面白かった。
あんなお母さんだったら・・・
子供は本当に幸せだなぁ〜と、本気で我が身を振り返りました。


ゆうぐれ時のブラウンズフィールドの風景も、なんだか懐かしい田舎の景色を思い出させてくれ、心が安らぎます。
日本の原風景に通じるものがあるのかな。

そして私はここで15年ぶりに、あの頃の自分に出会った気がしました。

きっとこれはまた何かの始まりなのかもしれないなぁ。


では、ブラウンズフィールド、また来ま〜す。
[PR]
by kamakuraecolife | 2010-09-01 13:09 | マクロビオティック
<< ぐるぐるまわる。お月様も丸い十... ふたたび、ブラウンズフィールドへ。 >>