消費者としてできること

タイトルまじめです。

この間、お気に入りの雑誌「ecocolo」の、たまたま買いそびれていた号をカフェで見つけて読みました。no43 2009/nov の号です。

その中の記事に、あ、そうそう、こういう事具体的に知りたかった、というのがありまして・・・

環境活動家のビリ・マクキベン氏の特集ページでした。

この数字はアメリカのものですが、


30秒で廃棄されるアルミ缶          10万6000本

6時間のフライトで使うプラスチック製カップ  100万個

5分で飲み干されるペットボトル        200万本

1日に捨てられる携帯電話           42万6000台

アメリカ人が消費するアルミの量は、3ヶ月に1度、すべての民間航空機を作り替えられるほどの量で、しかも、そのアルミの廃棄量は、固形廃棄物の中で占める割合はわずか1%未満

どうでしょう、この数字。
アメリカ一国だけでこの量です。
いったい、私たちは一生のうちで、どれだけのゴミを生み出しているのでしょうか?

このゴミをみれば、それは絶対になくてはならないものではないはず。
それを減らす為に私たちができること、しなくてはいけないことは?
改めて、その事をもっと真剣に考えなきゃ、と思わされた記事でした。


自販機の設置についてはやはり思うところ色々あったので、めったなことでは利用しないようにしてはいましたが、それでも飲み物や食品に使われるアルミ缶、周りにあふれかえっています・・・
リサイクルすればいい、って問題ではないですよね。この数字は。

飛行機に乗るたび、「このカップもったいないなぁ〜」と常々感じてはいましたが、飛行機にマイカップ持参、っていうのは当たり前になっていいことかも。
というか、欲しい人だけが購入する、ってシステムの方が合理的なのでは?

ペットボトル、う〜ん、ゼロにするのは難しいけど・・・
みんなが自分の水筒もっていれば、限りなく減らす事は可能なはず。

携帯電話。モデルチェンジはいいから、バッテリーの性能をあげて〜。
でも、そうすると携帯売る側は儲からない、っていう理屈なんだろうな、きっと。

やっぱり、一人一人の意識を変えていくということは、大切なことだと思います。
世の中は需要と供給で成り立っている、というシンプルな構造があるわけですから・・・


とりあえずは我が家では・・・
この冬から特に力を入れている?取り組みです。
化石燃料の消費を減らすため、うちの中でもジャケット着て過ごしてます。。。
お客さんがきたら、常に「あら、今からお出かけするところ?」状態。

忍耐ばかりじゃ続かないけれど、先の事を考えると、やはり忍耐も必要なんだわ、と、吐く息の白くなるリビングにて。。。
[PR]
by kamakuraecolife | 2009-12-30 22:47 | 環境問題のこと
<< 2010年は・・・ 本日のオーガニックアイテム >>