美しいことはなんだか切ないです。

本日のオーガニックアイテム
オーガニックコットンのTシャツ
オーガニックコットンのカーディガン


今日は月一回のママ友集会(?)

もともとはヨガのクラスに来てくれていた人たちなんだけれど、みんな同じクラスで長く通ってくれたことや、友達同士で来てくれていた人もいて、ヨガクラス終わったあとも月一で定例会を開くことになった仲良しグループです。

かれこれ1年以上続いていて、お互いの子供の成長をみまもりつつ、ママ友ならではの話題がいつも盛りだくさんの会、みんなと出会えたことに本当に感謝感謝です。


生後数ヶ月のころから知っている子供たちも、もう3歳間近。
ここ最近は1歳年上の娘は園の用事やらなんやらで数ヶ月ご無沙汰していたのだけれど、久しぶりに会ったみんなの成長っぷりにびっくり。

なんだか、普通に話してるし!
みんな前は、同じ空間にいるのにやってることはてんでばらばら・・・だったのに、一緒に遊んでるし!

本当に、子供の成長は目覚しい・・・


今日も午前のヨガクラスに来てくれている11ヶ月の女の子が、2週間ぶりにあったら、、、歩いてる~。
最初に会ったときはごろん、と床に仰向けに寝ているだけのベビーちゃんだったのに!

自分の子供の成長は、毎日見ていると、「すごくかわった!」と言う感覚はそれほど強くはないけれど、
周りの子供たちの変化の大きさにはいつもいつも驚かされます。

そして、
「寝返りうつようになったんですよ~」とか、
「初めてつかまり立ちしました!」
というママたちの嬉しそうな報告を聞くと、
なんだか、そのママの赤ちゃんに対する愛情いっぱいの笑顔に、とっても幸せな気分にさせられます・・・

そして、あ、うちの子も初めて歩いた時はあんなシチュエーションで・・・
すっごいも自分も、喜んでた~・・・と思い出し、ちょっぴりきゅん、としたりして・・・。

前にお友達ママが、

「子供が出来て、いままでの恋愛はいったいなんだったんだろうって・・・」

と言った《名言》を何かにつけて思い出す私です・・・(パパたち、ごめんね。)


それにしても、自分も人の親になってからというもの、今まで以上に一層、子供の持つ「純粋さ」みたいなところに触れてしまうと、歳のせいもあるのか・・・もう、弱い弱い。

あの笑顔。
あの泣き顔。

大人、といわれる年齢になってから、「素」の自分、無防備な状態で人と接することばかりじゃないし、
(というか、そんなことってとっても少なくなってしまっているんじゃ?)
ましてやあんな満面の笑顔で私、笑ってる?笑えてる?と、ふと思ったり。


この間も、うちに遊びに来てくれたお友達のFちゃん、
最初はちょっぴり私に対して恥ずかしい気持ちもあったみたいだったけど、
帰る時にずうっと、ママに手をひかれながら、ずうっ~と見えなくなるまで手を振ってくれていた姿、
嬉しそうに、私の手をぎゅっと握って顔を見上げたあの瞬間のぴかぴかの笑顔。

なんだかぐっときて、涙が出てきそうになっちゃいました。。。

年をとっちゃったわ~、私も。

だけど、子供たちのそんな姿をみていて心の底から願うことは、
その笑顔が、曇ることなく、ずうっとずうっとあんな風に輝いていられる未来がありますように。。。
ということ。

そしてその未来を作っていくのは、ほかでもない私たち大人だということ。

自分はその責任を果たしているのかなぁ。
わが身を振り返りつつ、Fちゃんの笑顔に自分のすすけた心が見合わないような、申し訳ない気持ちになったり・・・

初夏のような、しっとりとした夕方の気配は、なんだかちょっぴり切ない気分にさせられます。
by kamakuraecolife | 2009-05-20 20:06 | 日々・・・
<< 「未来の食卓」みました! マクロビオティックワークショッ... >>